会議録 (2003年2月 第4日目 2003年3月3日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:寺嶋捷夫学校教育部長

17ページ、部活動等地域指導者協力事業についてお答えいたします。
 運動部活動は、児童生徒がスポーツを楽しみ、競技力向上を図るだけでなく、学校生活に潤いを与える意義深い教育活動ととらえております。ところが、少子化による児童生徒数の減少、あるいは興味関心の多様化などにより、運動部活動参加者が減少し、チームが編成できなくなったり、教員の高齢化や若年者層の減少などよる指導者の不足が生じ、部活動の維持が難しくなっている傾向がございます。
 そこで、平成13年度より、部活動の活性化を図るために部活動等地域指導者協力事業を実施しております。本年度は、小中学校合わせて45校に72名の地域の方に運動部活動の指導をお願いしているところでございます。指導者の方は、年齢、職業などはさまざまですが、いずれも学校教育に理解のある専門性を有する方で、中には競技者としてもすばらしいキャリアをお持ちの方もいらっしゃいます。
 このような専門家から指導を受けることにより、子供たちからは、わかりやすく教えてくれるので何を直せばいいかよくわかるなどというような声が聞こえるようになり、意欲の向上にも役立っております。また、学校からは、技術が向上したということだけでなく、礼儀作法でもお世話になっているなどの声が寄せられております。
 今後も地域指導者のお力添えをいただきながら、部活動の活性化に努めてまいりたいと考えております。
 次に、地域スポーツクラブについてでございますが、クラブの設立は、部活動における指導者の問題の解決にもつながります。そこで、現在スポーツ振興課内でプロジェクトを組み、本年10月をめどに策定を目指しておりますスポーツ振興基本計画の中できちんとした方向性を定め、モデル地区での立ち上げを目指してまいりたいと考えておるところでございます。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794