会議録 (2003年2月 第4日目 2003年3月3日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:杉沢順一議員

ご答弁いろいろありがとうございました。大分時間も経過しましたので、二、三取り上げて簡単に再質問させていただきます。
 その前に、(7)で13年度と申し上げたのは、17年度の間違いでありますので、訂正していただきたいと思います。
 では、4番目の健康都市について、市長もご答弁いただいたんですけれども、まだ計画がはっきりしないために上っ面で答弁していただきましたけれども、この健康都市というのは、これから市川市でも重大な要因をなすんじゃないかと私は思っております。これらに対して、もっと積極的な対応をすべきであり、また、子供たちのスポーツの場として、また、お年寄りのスポーツの場として屋外、アウトドアの建設に、広場の確保にご尽力いただければ。それと、屋内でお年寄りが趣味を通じていろいろ活躍されております。最近は、高齢化が進む中で、お年寄りもなかなかその場所がないということで、場所探しに苦慮しておりますので、そういう点を考えて、健康な人方の対応に対して、もっと強く考えるべきじゃないかなというふうに私は思いますので、これを機会に、これから計画されるであろういろいろな問題点に対して、もっと積極的な対応をしていただければというふうに私は思います。
 それと、公園と称するのが市川市では339カ所ありますけれども、実際に公園らしい公園というのは1カ所しかないんですよね。だから、そういう点から推していって、いかに市川市は公園不足、単なる名義は公園であるけれども、マンションが建つそのわきに、若干ながら50坪か70坪ぐらいの敷地を利用して公園をつくれというふうな指導をしている関係上、それも公園の中に入って、実際に340ぐらいの公園の名前はあるけれども、実際に活用できない。それが単なる一服、休憩の場所でしかないということ。そういう点から推していって、いかにアウトドアを好むお年寄りの方々に対しても、健康保持のために頑張っているんですから、そういう場所を提供するのが我々の責務じゃないかなというふうに感じます。その点、よろしくお願いします。
 それと、塩浜沖の直立護岸ですけれども、二期埋立をするために仮設的に薄い鋼矢板をぶち込んで、それで一時しのぎをしたということは、将来は二期埋立をやるという希望のもとにやったのが、何十年たってもそれを実行しない。しかる後に三番瀬の問題が出て、日本国じゅう三番瀬、三番瀬と、北海道に行っても三番瀬は何だというふうに質問を受けるぐらい情報が流れております。その三番瀬を保持するために、いろんな関係で円卓会議を開いている。その円卓会議を開いている人方が、その地域の人方が入っていればいいんだけれども、地域の人が余り入らぬ。それで、全然素人の人方が会議をして、ああでもない、こうでもないという、自分たちで結論を出せない、そういう人方が指名を受けて円卓会議に出ているんですけれども、そのためにますます事業がおくれていくんじゃないかというふうに私は思うんですよね。
 片一方の浦安では、既に防波堤として7.5mの完璧な防波堤ができている。市川だけが何で、今まさに陥落せんとする仮設の直立護岸、そのために漁民の人方が非常に苦慮していることは事実だろうと思うんですよね。そういう点は、やはりこれから市川市として、断固として千葉県に申し込まなくちゃいけない大きな課題だろうと思います。
 それと、石垣、東浜の土地が48haある、その中で20haは、終末処理場として使用するから云々という話がありますけれども、市川はえらい犠牲になっているわけだ。それだったら、もっと市川市に自由になる土地を4haでも5haでも確保するのがこれからの仕事じゃないかなというふうに私は思うんです。これは要望になりますけれども、市長、頑張って護岸の問題、また、石垣、東浜の土地の問題にしても、なるたけ市川市が有利になるような政治力を発揮しなければいけないと思うんですよね。そのための県会議員の先生方がいらっしゃるんですけれども、さっぱりそういうことに対しては関心がないようですので、市長、市川市の問題でありますので、強行に折衝していただきたいと思います。
 それと、文化振興財団の件につきましては、今後の事業計画の中で具体的に展開され、どのように展開されるのか、もう1度簡単でいいですから、できたら説明していただきたいと思います。
 それから、急病診療所の現況と今後の体制面においてお伺いしましたけれども、急病診療所が診療を終えた後に家族の中に病人がもし出た場合、患者がどこの病院に行くのか、どういうふうな搬送をされるのか、そういう点に対しまして、市民の皆さんはさっぱりわからぬということで、そういう点をよく市民の皆さん方に、こういう場合にはここの病院に行く、こうだというふうな説明が必要じゃないかというふうに私は思います。その点、お願いします。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794