会議録 (2003年2月 第6日目 2003年3月5日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:樋口義人議員

特別会計の性格というのは1つあると思うんですが、結局は特別会計で起債が5億5,710万ほど認められなくなった。その事業が縮小というか、できなくなったから、こういう形で、特別会計そのものでは起債が起こせない。その分を、今度は逆に一般会計で起債を起こして、それを繰り入れるという、こういう形、これが果たしてどうなのかというのは、非常に私は疑問にまだ残っているんです。普通ならば事業ができなくなれば、この特別会計そのものが縮小されていって補正というのが出て、縮小されて、今回の事業はここまでだよ、こういう形になると思うんです。ただ、今の部長の話を聞くと、駅広という1つの公共事業があるという、そこに1つの問題というか、あるので、こういう形になったのかなというのも理解してもいいのかなとは思うんですが、その辺含めて、今回のこの補正については、なぜこんなような形になったのかというのが私にはまだちょっと理解ができないので、ひとつ委員会の中では、こういう補正の組み方についても論議をしていただきたいなと思います。
 それで終わります。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794