会議録 (2003年2月 第6日目 2003年3月5日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:木村 博道路交通部長

議案第68号の市道認定についてご答弁申し上げます。
 認定に至った経緯等を含めてご説明申し上げます。道路法に基づく道路認定につきましては、道路法第8条第1項の規定によりまして行っておりますが、その趣旨といたしましては、多くの市民に利用されている道路について市道として認定し、適正な管理を行うこととされております。そこで、市道と認定する路線の選定につきましては、多くの市民に利用されていることが前提であり、さらに構造等において市道として認定する可能な道路であるかどうか調査して判断しているものでございます。市川市の市域内の河川管理用通路につきましては、平成3年以前におきましては、旧江戸川を除きまして、その大部分を市道として認定し、市が管理してきたところでありますが、河川改修の実施に伴う調整などとの関係から、同年に一括廃止し、現在まで至っております。その後、河川改修も進み、河川管理用通路も整備されてきた状況から、さらに市民の利用する機会が多くなっている状況から、千葉県から、これまでに県と市との会議を初めとして、機会あるごとに市道認定の要請を受けてきたところでございます。そこで、市としましては、市道に認定した場合に支障となることが予測される事項を現地精査し、県に提示いたしまして協議を行っております。今回、議案として提案させていただいております旧江戸川の管理用通路につきましても同様の協議を行ってきたものでありまして、これまでに申し入れた事項につきまして、既に実施されたこと、あるいは今後の事業に盛り込むことが約束されたことから、市道として管理していくこととするため、認定議案として提案させていただいています。
 なお、当該道路は河川用通路であり、認定した場合には市道としての位置づけを持ちつつ、いわゆる兼用工作物となります。道路機能として路面舗装、側溝清掃等の維持管理は市が行うことになりますが、河川機能としての維持管理である土地の管理、河川の構造等につきましては、県がこれまでどおり管理していくこととなります。また、市から千葉県に申し入れた事項としましては、河川区域と民地との区分を明確にしてくれること、劣化した路面の舗装復旧、側溝の一部改修、清掃、あるいは放置車両の撤去及び対策、既に占用されている物件等の除去、是正指導等を行っていただきたいということでございます。
 以上のとおりでございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794