会議録 (2003年2月 第6日目 2003年3月5日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:樋口義人議員

そうすると、今部長がおっしゃったことは、もうちょっと詳しく言ってもらえば結構なんですが、多分私の推測としては、67ページの繰越明許費のところに公共施設整備事業費ということで22億2,393万4,000円というのを繰り越しをやっている。ですから、これが国からの補助金が多分出てくる。出てくるから繰り越しに切りかえたという形にとらえられると思うんですね。公共施設ということは駅広を初め街路樹、こういうものだと思うのですが、それを繰り越しにして、そしてさらに今度はこちらの方の72ページを見てみますと、再開発事業費は補正がゼロ、ゼロ、ゼロ、一番下へ行ってゼロ、同じ。ただ、財源内訳のところに国県支出金が569万5,000円減額、地方債が、もちろん事業はできませんから、地方債は組めなくなっちゃって5億5,710万ほど減額。その分がそっくりと一般財源から繰り入れ、こういう形になっている。この関係をちょっと説明してもらいたいんです。わかります。私は、普通ならば、事業ができなくなれば縮小する。減額補正が出て、事業を中止するわけじゃないんですからね、やっているんですから、その分だけ縮小していくのが筋ではないか。ところが、今の部長のあれだと、国から補助金が出なくなったんじゃなくて出るんだ、逆なんだという意味のことを言っていましたけれども、多分この公共施設のことを言っているんじゃないかなと思うんですが、これはこういう繰り越しにして来るという――もちろん駅広ですから来ることは間違いないんですが、来年来るという保証も、これもちょっと首をかしげてしまうんですけれども、事業の進捗との合わせですから、その辺、もう1度説明してください。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794