会議録 (2003年2月 第6日目 2003年3月5日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:樋口義人議員

そうしますと、私、先ほど一般会計の方の補正予算、その中で、歳入で臨時財政対策債、この6億円が組んであるというのを言いましたが、これは部長の答弁だと地方負担分を市の一般財源として何に使ってもいいということで、非常に便利な対策債だということで言われたのですが、結果的には、これは再開発に使うためにここで臨時財政対策債を組んだという形でいいんですね。わざわざ組んで、それを出して帳じり合わせなんて言うと悪いですが、合わせてゼロで事業は進めていこう。事業だけは……。権利変換ができないんですから、そちらの事業はもちろんできませんが、そういう解釈でいいんですか。そうなってくると、市長の考えでこのような形をとったんだと思うんですけれども、再開発事業の特別会計だけじゃなくていろんな特別会計、どこまでどう進展させるかということはありますけれども、一般会計から繰り出す、それで帳じりを合わせる。しかし、事業の方はどんどん進めていくというような感じ、そういう行政の進め方というのが正しいのかどうなのかなというのが、今度は疑問に出てくるんですね。予算の組み方ですから、正しくなければこれはだめだと思うんですけれども、一般的に正しいやり方なのかどうかということになると、どう理解したらいいんでしょうか。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794