会議録 (2003年2月 第8日目 2003年3月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:小林妙子民生経済委員長

ただいま議題となりました陳情第13−10号「WTO(世界貿易機関)農業交渉」に向けた陳情について、民生経済委員会における審査の経過並びに結果をご報告申し上げます。
 本陳情は、人類の生存に不可欠な食糧の安全供給の確保と、さまざまな国や地域で多様な農業が共存できるよう、関係行政庁に対し意見書を提出してほしいとの趣旨であります。
 委員会において述べられた意見を要約して申し上げますと、賛成の立場から、「現在、国内農業の食糧自給率は40%と大変厳しい状況である。また、自然環境の保全からも農業を守っていくことは重要である。採択すべきだ」との意見が、また、「日本の農業を守ることには賛成である。しかし、農業は規制が多く、だれでも農業をすることができる規制緩和が必要であり、この規制緩和なくしては賛成できない」との意見が述べられました。
 本委員会といたしましては、採決の結果、多数をもって採択すべきものと決しました。
 以上、ご報告申し上げます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794