会議録 (2003年6月 第8日目 2003年6月24日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:中山千代和水と緑の部長

3点についてお答えいたします。
 まず、国分川調節池の中に浄化施設というようなことについてお答えします。先ほど登壇してお答えしましたように、敷地内には大変難しい状況でございます。その中で、現在、浄化施設の計画についてちょっと申しますと、千葉県では河川環境対策として真間川流域河川浄化計画に基づきまして、浄化施設を国分川の上流の黎明橋から紙敷川合流部付近に計画しております。この処理水量を申しますと2万8,000tの日量でございます。目標値がBOD値26r/旭を10r/旭、そのような計画がございます。
また、派川大柏川の集中した浄化施設というようなことにつきましては、私ども、現在、宮久保地区、当該地区は雨水対策としての管渠や、今現在、県が施行しております市川幹線に接続することで、14年度、事業認可をいただきました。また、ことしから工事に着手してまいりますので、そういうものを優先的に雨水、汚水の整備を計画的に進めていく、そういうことで浸水解消、被害の解消を図るとともに、生活環境の改善に努めてまいりたいと考えます。そこで、ご提言であります浄化施設につきましては、私ども、今後、県の河川改修事業がございますので、そういうものとあわせて研究したいと考えております。
 また、朝日新聞の記事につきましては、私どもいろいろ検証いたしましたが、ろ過方式ということで、日本にはなじまない、また、管理が問題となるということで、そのことについては、今後も検討してまいりたいと思います。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794