会議録 (2003年9月 第7日目 2003年9月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:谷藤利子議員

大体理解をいたしました。コミュニティバスにつきましては、先ほど黒字のところがあるよという話がありましたけれども、これは武蔵野市のムーバスですね。ムーバスは、3路線のうち2路線は黒字が続いているよということです。それぞれの自治体がいろんな形で実施されておりますし、先ほどバスじゃなくてもという話がありました。今の路線バスの変更やら延長などもいろいろ方法はあるかと思いますけれども、行徳地域の地域性としては、公共施設の増設との関係もあるんですが、やはり行徳地域の中で――権限の移譲という話もきのうありましたけれども、本来ならば1つの自治体であれば、浦安市と同じように、必要な施設が全部、行徳管内にあってしかるべきものが、市川市内全域、広い中で、北部、中心部に行かなければならない。それも時間がかかる、お金がかかると。いろんな意味で公平性ということからもまだまだ不十分だという、そういうこともありますし、行徳地域の中でも、路線としてまだまだ十分ではないという意見がたくさんあります。行徳地域の地域格差というような、そういう位置づけの中でも、ぜひいろいろな検討をこれからしていただいて、実現する方向でお願いしたいというふうに思います。市民の切実な要求であることに変わりはありませんし、市川市の先進的な1つの方法をぜひ実現をしていただきたいなというふうに思います。
 公共施設につきましては、これから新しいまちづくりが始まる地域があるわけですから、その中に大いに反映をしていただいて、あるいは、行徳地域の中に福栄の2丁目の職員住宅跡地利用などもありますから、そういう新たな土地利用、あるいは建物の有効活用ですね。そういう中でぜひ実現をしていただく方向で、やはりこれも地域格差ということがどうしても1つ1つについて回る課題になっております。都内には非常に便利ですが、まだまだ市内の課題としては大きなものがあるということを十分に認識をしていただきたいというふうに思います。
 それから、石垣場、東浜地域の問題につきましては大分見えてきましたし、地元の住民の方も、あと、この問題、目の前の環境がいつまで改善されるのかが見えれば非常に安心だというところまで来たというふうに思っていますし、これまでの市川市の取り組みについても、やっと見えてきたのかなというふうには思うんですが、それがなかなか地元の住民の中には、目の前に毎日広がっている環境ですから、どこまで現実なものとして受けとめたらいいのかという非常に複雑な思いが今もって大変大きいということが私もわかりました。ぜひとも今後の地元住民との話し合いの中で、具体的な個々の問題に対し一緒に取り組みを進めるという方向でやっていただければ地元住民の皆さんも納得いただけるのかなというふうに思いますので、よろしくお願いしたいと思います。
 以上です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794