会議録 (2003年9月 第7日目 2003年9月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:谷藤利子議員

おはようございます。日本共産党の谷藤利子です。通告に従いまして一般質問をいたします。
 まず、コミュニティバスの運行についての市の考え方と今後の取り組みについてです。この問題は北部地域でも強い要求になっているようですが、私は行徳地域の住民の立場から伺いたいと思います。
 行徳地域の住民の要求の中でも、市内の中心部から北部地域の公共施設を利用しやすくなるようにバスを運行してほしいという要求。また、行徳地域の中で市民病院、あるいは塩浜駅、塩浜の斎場なども利用しやすいようにというように、ルートについてはさまざま出ております。いずれにしても、主な公共施設をもっと利用しやすくしてほしいというものです。こうしたコミュニティバスは交通不便地域の解消、あるいは交通弱者の解消というバリアフリーという位置づけからほとんど行われています。運営は、浦安市のように運転だけを委託をしたり、武蔵野市のように事業者にお願いをして運賃収入と経費の差し引きの不足分を補うなど、やり方はいろいろあるようです。いずれにしても、自治体の交通政策の中にバリアフリーの位置づけをすることによって実施する自治体が大変ふえております。市川市としては、さきの先順位の質問に対して、研究会を立ち上げ、事業者にも要望しているということです。行徳地域についてはどのような検討や取り組みがこの間されてきたのでしょうか、経過をお聞かせください。
 また、住民アンケートを今後とるという答弁もありました。いつごろまでに実施をし、いつごろをめどに住民の意向をまとめるのか。また、実現に向けて検討するとすれば、いつごろを想定されているのでしょうか、見通しについてお聞かせください。
 次は、行徳地域の公共施設の増設の考え方についてです。この問題につきましても、先順位の三宮議員、荒木議員からもほぼ同趣旨の質問がありましたので、市の考え方については大分理解をいたしました。こうしたことを踏まえてご質問をいたします。
 市内の人口の3分の1を有する行徳地域は都心への利便性が大変いいことから、今も人口がふえ続けています。マンション急増地域では保育園や学校など不足しておりますし、全体としては文化施設、多目的に利用できる集会施設、また北部地域に集中する高齢者や障害者などの施設など、浦安市よりも3万人も多いこの地域の課題はたくさんあります。今、建設中の七中や建てかえ中の南行徳老人いこいの家などと併設した公共施設の計画については十分理解しておりますけれども、今後、市としては、この行徳地域にどのような公共施設が不足している、必要だと考えているのか、認識についてまずお聞かせください。また、今後の増設の考え方についてお聞かせいただきたいと思います。
 最後に、石垣場、東浜地域の土地利用について伺います。
 この地域は、30年前に江戸川左岸流域下水道第一終末処理場用地として都市計画決定の網が張られて以来、環境悪化の一途をたどってきたわけですが、知事がかわり、やっと三番瀬の埋立計画の白紙とこの地域の土地利用の見直しが決まり、特にことしになって、やっと本格的な土地利用のあり方についての検討会も始まったところです。周辺住民にとっては、いつになったら、この地域の環境が改善されるのか、その見通しをはっきりしてほしいということは切実な課題であることには変わりありません。
 そこで伺いますが、今後の土地利用の見直しのために、この間行われてきた調査、検討の経過と課題、また環境改善も含めた今後の見通しについてお聞かせをいただきたいと思います。
 以上、ご質問いたします。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794