会議録 (2008年6月 第8日目 2008年6月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:原 健二文化国際部長

 私からは花火大会に関する何点かのご質問にお答えします。
 市川市民納涼花火大会は、本市の夏の風物詩として本年で24回目を迎えます。毎年多くの来場者を集め、昨年も約49万人の人出がございました。ことしも、去る4月18日に実行委員会が組織され、8月2日、土曜日の開催が決定しております。この花火大会は、その内容の豊富さと規模、開催場所の条件などから、市内ばかりでなく、市外からも多くの来場者があり、雑誌等にも紹介され、全国的にも名の知れた大会となっております。特にことしはWHO健康都市連合国際大会が開催される年であり、そのPRも兼ねて演出も検討しているところでございます。
 初めに、ご質問の安全対策についてでございますが、実行委員会では、今回の花火大会開催に当たりましても、多くの来場者の安全を第一と考え、会場までの誘導方法や会場内の動線の確保につきまして、警察から強い指導のもと、警備会社や関係機関と十分な対策を図っていくことで全会一致しているところでございます。
 そこで、花火大会への入場から退場までについての対策でございますが、昨年は市川駅南口から真っすぐ北越製紙に向かう道と、市川駅南口の信号を右折する通称一番堀通りの2本に交通規制を実施して、来場者を分散して誘導いたしました。その結果、危険箇所での観客の滞留もなく、人の流れがスムーズであったため、18年度より早く交通規制の解除ができました。このような経緯から、JR市川駅から会場までは昨年と同様、2本の主動線に観客を分散して誘導していく方針でございます。なお、昨年も発生いたしましたJR市川駅での待ち合わせによる来場者の滞留につきましては、警察、駅、警備会社と解消に向けての対策を検討しているところでございます。
 次に、会場内の緊急避難通路についてでございますが、避難通路につきましては、昨年までの懸案事項でありまして、警察からも要請がされております。ことしは緊急時の避難やけが人等が発生した場合の搬送をスムーズに行うため、会場内に緊急避難通路を設置する方向で検討を進めております。
 次に、トイレの設置場所や設置箇所につきましてお答えします。昨年の花火大会会場内には、既存トイレ4カ所に加え、仮設トイレを23カ所、166基設置いたしました。昨年大会終了後の使用実績では、全体容量の約15%でございました。そこで、設置基数につきましては、ことしも同数程度の設置を考えております。また、仮設トイレの設置場所につきましては、設置幅が6mを超えるため、昨年は観客の障害にならないところを選んで設置しておりました。しかし、このような場所は狭隘なところが多いため、この点でも利用者のトイレ渋滞を引き起こしているものと考えられます。そこで、ことしはトイレ渋滞の起こりにくい、利用しやすい広い場所に設置し、並ぶスペースにも囲いをつけるなどトイレ動線を確保し、トイレ渋滞を解消していけるよう検討しております。
 次に、会場における事前の場所とりの対応についてお答えします。昨年は、事前場所とり禁止の看板設置やマスメディアに依頼してマナー違反となる行為の禁止を訴え続けましたが、残念ながら、ほとんど効果は見られませんでした。そこで、ことしは、事前の場所とりは国土交通省から禁止の指導を受けていること、また、河川敷の草刈りや花火大会の設営に障害となることから、事前の場所とり禁止看板の設置を実施するとともに、場所とりの始まる7月上旬から警備員による監視を週1回程度、実施前1週間は連日実施して、場所とりが行われていた場合、シート等を撤去することとしております。現在、事前周知のための看板の設置及び実施の細部につきまして、国土交通省と調整中でございます。
 最後に、商店街対策についてお答えします。安全対策のための主動線の増設及び交通規制につきましては、昨年は7月に「広報いちかわ」を初め地元商店会、地元自治会に協力をお願いしまして、回覧板、掲示板等で事前の周知を図りました。しかし、花火大会終了後、商店街への周知が行き届いていないとの指摘を受けましたことから、ことしは周知の回数を6月と7月の2回にふやして、地元商店会及び地元自治会へ、ことしも交通規制を実施する、2本の主動線に観客を分けて誘導する旨、周知を徹底してまいります。
 いずれにいたしましても、ことしの花火大会も安全第一を最大の目標に、実行委員会では警察、消防等関係各機関と連携を図りながら無事故で大会を終了したいと考えております。あわせまして来場者のマナーやモラルにつきましても、昨年の花火大会の様子を市のインターネット放送で問題提起していますが、ことしも引き続き広報、ホームページ、雑誌等、あらゆる機会を利用して啓発してまいります。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794