会議録 (2008年6月 第8日目 2008年6月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:能村研三企画部長

 再質問にお答えします。
 総合計画のことでございますけれども、既存の施設の活用に向けてどう考えているかというご質問でございます。既にご案内のとおり、本年度より企画部にGIS担当というものが設置されて、地図を共用空間データベースとして情報の管理、提供、分析などの業務に取り組むこととしております。そこで、本件に関しましては、各部門が管理している施設のデータ、例えば高齢者施設であったり、公民館、図書館などを重ね合わせて市域全体を見渡す中で配置状況を把握したり、また、これと人口や年齢の分布のデータなどを加えて配置の利用のバランスを見きわめるなどの業務が可能となってくると考えております。また、これにより、関係部署の協力のもとに計画的な施設の整備、活動の場となり得る転用可能な施設の有無等の検討、対策の協議などに着手できることと考えております。ご質問者が言われましたように、地域で子育て中の親が寄り合うことで負担の軽減が可能となるということは場所も必要となることでございますので、私どもも、そのことは認識しております。
 また、地域活動と場の確保ということでございますけれども、いろんな試みの例といたしましては、年に1度、地域を変えてやっております街回遊展というのがございますけれども、これも単なるイベントではなく、実験的な試みで、地域にどんなボランティア団体があるか、どんな集会施設があるかといったことを探っておりまして、また、自治会の集会所、神社の社務所であったり、空き店舗、あるいはお寺の斎場的な集会施設といったものも使っていくことで、いろんな可能性を探っているイベントであります。こうした試みを参考にしながら今後も検討してまいりたいと考えております。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794