会議録 (2008年6月 第8日目 2008年6月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:能村研三企画部長

 私のほうからは中国分3丁目マンション計画についての(2)の5月7日に提出された中国分自治会からの要望に対する今後の対応についての3点のご質問のうち、1点目の用地取得にかかわる市の意向と、2点目の、これに対する要請先に関することにお答えいたします。
 まず、用地取得に関します本市の意向についてでございます。本計画につきましては、これまでも幾度となく、街づくり部と事業者である住友商事株式会社との間で計画内容に関する協議が行われております。その中で住友商事株式会社は、口頭ではありますが、当該用地を処分する考えはないと強い意思を表明していると伺っております。そのような中で、ご質問の5月7日付で要望書の提出を受けた次第でございます。要望書の趣旨は、市が計画地を取得することを求めたものでございます。しかし、用地の取得に関しましては、本件に限らず、相手方の売却の意思があるか否かに左右されるものでございます。さきに申し上げましたとおり、これまで住友商事株式会社には売却の意思がないと聞いておりましたことから、改めて書面でその確認を行うことといたしました。なお、書面につきましては、地元の皆様の思いを事業者にじかにお伝えできるよう、5月7日に先立つ4月30日に提出されました要望書をあわせて両方の写しを添えて5月22日に手渡した次第でございます。市から提出した書面に対しまして、5月29日付で住友商事株式会社より回答書面が届けられております。回答書面には、これまでの経緯にも触れた上で、本市への売却は基本的に考えていないこと、また、これにかかわる具体的な検討も着手していないことが明記されております。したがいまして、この計画地を住友商事株式会社から取得することは困難であると考えるものでございます。
 次に、2点目の書面のあて先についてお答えいたします。中国分3丁目に計画されているマンション建設に関しまして、土地の開発計画段階から住友商事株式会社の住宅・都市事業部が所管していると聞いております。その計画にかかわるこれまでのさまざまな協議等の場面においても、当該部の部長から、すべての窓口となる権限をもって市との協議等に臨んでいるという旨のことが示されておりましたことから、今回の要請文書に関しましても当該部長をあて先としたものでございます。しかし、当然のことながら、本市からの要請に関しましては社内で稟議され、社長の意向を確認した上で回答なされていると伺っております。ご質問者が言われる「具体的な検討に着手し」という部分に関しましても、基本的に市に売却先として検討していないことを改めてしたためたものと解しております。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794