会議録 (2008年6月 第8日目 2008年6月17日 )

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)

会議録内検索


前の発言へ 次の発言へ 最初の発言へ 一覧へ戻る 発言検索

発言者:赤羽秀郎水と緑の部長

 東菅野暫定調整池に関します3つの質問について私からお答えいたします。
 初めに、1点目の池の内外部の草刈りについてであります。この暫定調整池は、昭和63年に、1級河川派川大柏川沿いの東菅野5丁目の地区の住宅地を台風等の大雨による浸水から防ぐために、土地所有者から土地をお借りしまして、貯留量5,656立方メートルの洪水対策調整池として設置したものでございます。ご質問の調整池外周部と内部の草刈りにつきましては、毎年、雑草の育成状況を見きわめ、おおむね10月に実施しております。しかしながら、隣接する土地の宅地化が進みまして、繁茂する雑草に群がる害虫や蚊などの発生によりまして景観も損なうなどの理由によりまして、近隣住民の方々から草刈りの要望が数多く寄せられてくるようになりました。このような状況から、現在、草刈りの時期及び回数、また草刈りの方法、手法についても再検討しております。しかし、早急な対応を実施していかなければならないというふうに考えております。
 次に、2点目の調整池の有効利用についてであります。この調整池は、雨水の集水及び排水のために池内部の中央部に板さくの水路がありまして、その板さくの水路に向けて矢羽根状に素掘りの水路があるという特殊な形状をしておりまして、このような形状から、利用者の安全、施設の管理面を考慮いたしますと、広場とか散策路としての上部利用ができない状況であるということであります。あわせまして、民有地を調整池用地としてお借りしていますので、その関係上、用途以外に使用することができないという、ちょっと厳しい規制もございますので、ご理解をいただきたいというふうに思います。
 次に、3点目の東菅野暫定調整池の今後であります。ご承知のとおり、当該施設は千葉県が管理しております1級河川大柏川より分派いたしました派川大柏川沿いに暫定的につくられたものであります。県においては、川の拡幅のために河川改修計画があるというふうに伺っております。しかしながら、県では、現在、本川である大柏川の改修工事を優先して進めていることから、派川大柏川の改修時期等についてはいまだに不確定だということでお知らせいただいていません。現状においては、大雨による浸水の被害の軽減のために、この調整池は重要性は高いというふうに認識しておりますので、当分の間は維持していかなければならないという状況でございます。このため、今後も近隣住民の方々の要望等を踏まえまして管理を徹底してまいりたいというふうに考えております。
 以上でございます。

前の発言へ 次の発言へ 一覧へ戻る 発言検索


●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 議会事務局 議事課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
議事グループ 電話:047-334-3759 FAX:047-712-8794
調査グループ 電話:047-712-8673 FAX:047-712-8794