児童虐待をなくそう

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月27日

 児童虐待は、子どもの基本的人権を侵害し、時には、その生存権(生命)さえも脅かします。また、体に傷がない場合でも、子どもの心に深い傷を残します。
 虐待への対応は、発生を未然に防ぐ取り組みと、虐待を受けた子どもとその家族への支援が必要となっています。
 

児童虐待とは?

 子どもの健全な育成を妨げることが虐待にあたります。殴ったり、けったりすることだけが虐待ではありません。
 
<身体的虐待>
 子どもにけがなどをさせること。殴る、ける、投げ落とす、熱湯をかける、たばこによるやけど、冬に戸外に締め出すなど。
 
<心理的虐待>
 子どもの心が傷つくような暴言をあびせること。子どもを無視したり、拒否的な態度を示す。他のきょうだいとは著しく差別的な扱いをするなど。
 
<保護の怠慢・拒否(ネグレクト)>
 子どもに必要な世話を怠ったり、放っておいたりすること。食事、衣服、住居などが極端に不適切で、健康状態を損なうほどの無関心・怠慢など。例えば、乳幼児だけを家に残してたびたび外出したり、汚れたおむつを長時間つけたままにするなど。
 
<性的虐待>
 子どもにわいせつな行為をしたり、させたりすること。例えば、子どもに性的行為を強要したり、ポルノグラフィーの被写体に強要するなど。

「虐待かな?しつけかな?」

 気にかかる親子がいたら、匿名でも結構です。
 市の子ども家庭総合支援センター(子育て支援課)または児童相談所へお電話ください。
 
    子ども家庭総合支援センター    711−0679
    市川児童相談所            370−1077
 
 命にかかわると思われる時は、警察(110)へ連絡してください。
 

関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 こども政策部 子育て支援課
〒272-0021
千葉県市川市八幡3丁目4番1号 アクス本八幡2階
政策事業グループ 047-711-0677 FAX:047-711-1754
相談グループ    047-711-0679
児童虐待通報    047-711-1697
すこやか応援隊   047-711-1736
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで