ホーム > 暮らしの情報 > 子ども > 子育て > 地域子育て支援 > 平成29年度「市川市家族の週間」を実施しました

平成29年度「市川市家族の週間」を実施しました

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年12月19日
11月第3日曜日は「家族の日」
その前後1週間は「家族の週間」

平成29年度は、11月19日(日)が「家族の日」、
11月12日(日)から11月25日(土)が「家族の週間」でした。

今年度も多くの皆様にご参加いただき、家族の大切さや地域とのつながりの大切さを実感する機会として楽しんでいただきました。
ご参加誠にありがとうございました。
 

「いちかわファミリーフェスタ2017」を実施しました

いちかわファミリーフェスタ2017
ステージイベント報告

平成29年11月19日(日)に、ニッケコルトンプラザで「いちかわファミリーフェスタ」を実施いたしました。
すこやか応援隊によるステージや、子育てサークルによるワークショップなど様々なイベントを開催し、
多くの皆様にご参加いただきました。


 

「わが家のとっておき家族写真」受賞作品のご紹介

わが家のとっておき家族写真受賞作品のご案内
「いちかわファミリーフェスタ」にて、皆様にご応募いただいた家族写真の中から5つの受賞作品をご紹介いたします。

皆様のご応募、ありがとうございました。


装飾ライン
お兄ちゃん頼もしいで賞
応募コメント

2歳の次男は、最近イヤイヤが激しく気にくわないことがあると、イスを投げたり服を脱いですっぽんぽんになったり、毎日大暴れ。
この日も保育園の帰りに機嫌を損ねて「おかーさんのばーか」と言いながらごはんも食べずに転げ回っていました。
仕事疲れもあって、もはや対応しきれず、長男の食事もきちんと作ってあげられない自分に嫌気が差していた私。
そんな中、長男がチョロっと近づいてきた弟に「グラタン食べる?」と優しく話しかけふーふーと冷ましながら何度も何度もグラタンを口に運んであげました。おかげで次男も機嫌を取り戻し、ニコニコ天使の笑顔に。
母子家庭の我が家ですが、まるで一家の大黒柱のような優しく頼もしいお兄ちゃんと、元気あふれるひょうきんな弟のおかげで毎日頑張ろうと思えます。

装飾ライン
なかよし賞



応募コメント

4月から小学校に入学した弟。2年前に姉が入学した時は「お母さん、一緒に行ける?」と甘えてきては、時々送っていたのが、2人で学校に行くようになって、とても嬉しそうな様子を撮りました。
姉が弟を「もう一年生なんだから、あまりふざけちゃダメよ!!」と言わんばかりに、優しく見つめる姉の表情に、成長を感じました。
装飾ライン
お父さんありがとう賞



応募コメント

子煩悩な夫でした。仕事から帰ると子ども達と鬼ごっこやかくれんぼ。この日も着がえを待って、上二人が父親の背に飛び乗ると、「ぼくも」とあとから二男がかけて行き、抱っこされました。そんな子たちも親になり夫は亡くなって二十年になります。夢のような一コマです。

装飾ライン
はじめまして賞



応募コメント

10月4日に29週で体重1500グラムで産まれた二女。産まれて10日後初めて家族四人で撮った写真です。現在NICUで小さな体で頑張っています。

装飾ライン
やっと会えたね賞




応募コメント

101歳の曾祖父と0歳の曾孫。やっと会えて微笑む曾祖父と照れてる曾孫。これからもお互い元気にすごそうね。

平成30年度「市川市家族の週間」

来年の市川市家族の週間は平成30年11月11日〜24日までの予定です。
期間中、様々なイベントを実施予定となりますので、来年度も是非ご家族皆様でご参加ください。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 こども政策部 子育て支援課
〒272-0021
千葉県市川市八幡3丁目4番1号 アクス本八幡2階
政策事業グループ 047-711-0677 FAX:047-711-1754(全グループ共通)
相談支援グループ 047-711-0679
すこやか応援隊 047-711-1736
虐待対策担当室 047-711-3750