ホーム > 暮らしの情報 > 暮らしのできごと > 子育て > 発達支援 > 【このイベントは終了しました】 第5回 発達障害児シンポジウム

【このイベントは終了しました】 第5回 発達障害児シンポジウム

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月7日

第5回 発達障害児シンポジウムの報告

 去る1月12日、市川市文化会館小ホールにて、「どの子も地域で元気に育てよう」をテーマに、
「第5回発達障害児シンポジウム」を開催しました。
基調講演の様子 写真
基調講演の様子 写真
  多くの方にご参加をいただきまして、ありがとうございました。
 参加者の皆様にご協力いただいた、アンケートの集計結果を報告させていただきます。
 また、当日たくさんのご感想をいただきました中で、質問がございましたので、質問と回答を掲載いたします。
 いただいたご感想は、市川市教育委員会にも報告させていただきました。
 このアンケート結果は、今後の支援に活かしていきたいと思います。


→ アンケート集計は、こちら

→ 質問と回答は、こちら

発達障害児シンポジウムを開催します 【このイベントは終了しました】

発達障害は、色々なところで取り上げられるようになりましたが、親のしつけのせいやわがままな子どもとして、捉えられがちです。
 しかし、発達の特性を知り、環境を整え、理解しやすい方法で伝えるなど適切な支援をすることで、友達と楽しく過ごしたり、不登校などの二次障害を防ぐことができます。
 今回は、こどもの発達障害の理解と集団参加を支える市川市の支援について、お伝えしたいと考えております。
 発達障害に関心のある方として、一般の方、保護者の方、現場で障害児の支援等をしている皆様に、ぜひご参加いただきたく、お知らせいたします。
 多数の方のご参加をお待ちしております。

◆基調講演 (13時30分〜15時00分) 
自閉症スペクトラムについて 
       10人に1人が抱える『生きづらさ』の正体 」
精神科医  本田 秀夫氏
 (信州大学医学部附属病院
  子どものこころ診療部 診療教授)
 (特定非営利活動法人 ネスト・ジャパン代表理事)

◆シンポジウム(15時10分〜16時30分)
集団参加を支える市川市の支援 
            ユニバーサルデザインの広がり 」
市川市立中国分保育園   園長  剱持 隆子氏
市川市教育委員会指導課 主幹  小林 恵子氏
保護者

日時

平成27年1月12日 月曜日・祝日
13時30分から16時30分

会場

市川市文化会館 小ホール
 市川市大和田1丁目1−5 ‎

対象および定員

発達障害に関心のある方 400名(先着順)

費用

無料

申し込み方法 【このイベントは終了しました】

市川市こども発達センターまで、住所、氏名、電話番号を明記の上、FAX又は電話でお申し込み下さい。
電話 047-370-3577 
FAX 047-376-1115

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 こども政策部 発達支援課
〒272-0032
千葉県市川市大洲4丁目18番3号
電話:047-370-3561 FAX:047-370-8666
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで