ホーム > 暮らしの情報 > 暮らしのできごと > 子育て > 発達支援 > 【このイベントは終了しました】 第6回 発達障害児シンポジウム

【このイベントは終了しました】 第6回 発達障害児シンポジウム

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月7日

第6回 発達障害児シンポジウムの報告

 去る1月11日、市川市文化会館小ホールにて「第6回発達障害児シンポジウム」を開催しました。
 
 多くの方にご参加をいただきまして、ありがとうございました。
  参加者の皆様にご協力いただいた、アンケートの集計結果を報告させていただきます。
  また、当日たくさんのご感想をいただきました中で、質問がございましたので、質問と回答を掲載いたします。
  いただいたご感想は、市川市教育委員会にも報告させていただきました。
  このアンケート結果は、今後の支援に活かしていきたいと思います。

→ アンケート集計は、こちら

→ 質問と回答は、こちら

発達障害児シンポジウムを開催します 【このイベントは終了しました】

 今年度は、児童精神科の草分け的な存在として全国で活躍され、また市川市でも多くのお子さんと保護者を支えてこられた医師の齊藤万比古先生を講師にお迎えします。障害特性や対応方法、また発達障害の子が抱えやすい二次障害を未然に防ぐための対応について教えていただきます。
 また後半のシンポジウムでは、子ども達を取り巻く支援の広がりを紹介したり、発達障害をもつお子さんの保護者や支援に携わる相談支援専門員などに取組みを報告していただきます。
 発達障害に関心のある方として、一般の方、保護者、現場で障害児の支援等をしている皆様に、ぜひご参加いただきたく、お知らせいたします。
 多数の方のご参加をお待ちしております。
講師画像

★基調講演(13時30分〜15時00分)
 「発達障害のある子どもたちを支える」
  講師  児童精神科医師  齊藤 万比古氏
     (社会福祉法人恩賜財団母子愛育会愛育研究所
      児童福祉・精神保健研究部長・愛育相談所長)
★シンポジウム(15時10分〜16時30分)
  テーマ「こどもの育ちを支える支援の広がり」
 ・家族の取組み   保護者
 ・支援の広がり   市川市こども発達センター 主査 栗橋 裕子
 ・相談支援の取組み 社会福祉法人 春濤会 
   こども発達センターやわた・たんぽぽ相談室管理者
   相談支援専門員 保戸塚 陽一氏

日時

平成28年1月11日 月曜日(祝日)
13時30分〜16時30分

会場

市川市文化会館 小ホール
市川市大和田1−1−5

対象および定員

発達障害に関心のある方
先着400名

費用

無料

申し込み方法

市川市こども発達センターまで
住所、氏名、電話番号を明記の上、FAX、または電話でお申込ください。

電話 047−370−3577
FAX 047−376−1115


関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 こども政策部 発達支援課
〒272-0032
千葉県市川市大洲4丁目18番3号
電話:047-370-3561 FAX:047-370-8666
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで