ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > 市史編さん > 講演会「古代の市川と真間の手児奈」

講演会「古代の市川と真間の手児奈」

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年10月19日
講演会は大盛況のうちに終了いたしました。
たくさんのご来場、ありがとうございました。
なお、この講演会の模様をいちかわインターネット放送局でご覧になれますので、どうぞご活用ください。

 「国府台古墳と法皇塚古墳」大塚 初重 先生
 「国府と国分寺」 山路直充 学芸員
 「国府と遊行婦女」 吉村武彦 先生
 「手児奈伝説」 神作光一 先生
テーマは、“古墳・国府・国分寺・万葉集”
 歴史と文化の街・市川の新しい市史を編さんするにあたり、市川の古代史研究の現状を学ぶことができる講演会を開催します。市川の歴史に関する展示も予定しており、ふるさと市川のいにしえを垣間見る絶好の機会です。

日時

2008年7月12日(土)

会場

市川市文化会館 小ホール

講師(講演順)

大塚初重 氏 (明治大学名誉教授・前千葉県文化財保護審議会会長)
「国府台古墳群と法皇塚古墳」

山路直充 (市立市川考古博物館学芸員)
「国府と国分寺」

吉村武彦 氏 (明治大学大学院長・市川市史編さん委員長)
「国府と遊行女婦」

神作光一 氏 (東洋大学名誉教授・市川市文化振興財団理事)
「手児奈伝説」

講演会 プログラム

プログラム表面

プログラム裏面
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 文化スポーツ部 文化芸術課 市史編さん担当
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目2番5-201号(いちかわ情報プラザ)
電話:047-300-8020 FAX:047-300-8061