ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > 市史編さん > 市史講演会「縄文の海と市川の貝塚」

市史講演会「縄文の海と市川の貝塚」

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年10月19日
 たくさんの方にご来場いただき、大盛況のうちに終了いたしました。
 ありがとうございました。

『市史研究いちかわ』第5号に、米田穣氏の論文「市川市で出土した縄文時代人の食生活」を収録しています。

領塚氏 堀越氏
阿部氏 米田氏

チラシ
 市川市の北部には、国史跡の姥山・曽谷・堀之内の三大貝塚を含めて、縄文時代の貝塚が55ヶ所もあり、全国有数の貝塚密集地域となっています。
 今回の講演会では、最新の調査成果を織り交ぜながら、これらの貝塚について、わかりやすくお話します。

日時

平成25年11月24日(日)
13時〜17時(開場12時)

講演内容

「縄文海進と市川の貝塚」
領塚正浩(市立市川考古博物館学芸員)

「姥山貝塚の発掘とその成果」
堀越正行(元市立市川考古博物館館長)

「曽谷貝塚の貝殻は語る」
阿部常樹(立正大学博物館学芸員)

「縄文人の食生活を科学する」
米田 穣(東京大学総合研究博物館教授)

会場

市川市生涯学習センター(メディアパーク市川) 2階 グリーンスタジオ

定員

220名(当日先着・申込不要・無料)

問合せ先

文化振興課 TEL047-300-8020
考古博物館 TEL047-373-2202(月曜休館・祝日の場合は翌日)
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 文化スポーツ部 文化芸術課 市史編さん担当
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目2番5-201号(いちかわ情報プラザ)
電話:047-300-8020 FAX:047-300-8061