ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > 施設 > 文化会館、行徳公会堂(行徳文化ホールI&I)の料金が変わります

文化会館、行徳公会堂(行徳文化ホールI&I)の料金が変わります

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年10月7日
文化会館、及び行徳公会堂の料金を、平成29年4月1日から改正します。

改正理由 

 本市の公民館等の公の施設については、その管理運営費に対する使用者の負担の割合が低く、当該管理運営費の大部分が使用料以外の公費により賄われていたことから、受益と負担の適正化を図るため、平成26年9月議会において使用料条例等を改正し、公の施設の使用料の額を見直しております。
 文化会館、行徳公会堂(行徳文化ホールI&I)等の文化施設の使用料については、芸術文化の振興等に関する専門的な見解や市民ニーズなどをもとに検討する必要があることから、平成27年度に行った学識経験を有する者等との意見交換等の結果を踏まえ、見直しを行うこととし、今回、文化会館の大会議室、第1〜5会議室、第1〜3練習室、和室1・2、茶室、華道室、及び行徳公会堂の大会議室(分割して使用する場合を含む)の使用料について、改定することといたしました。
 市といたしましては、引き続き各施設の維持管理に努めてまいりますことから、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。
 

新しい料金の適用日

 平成29年4月1日以後に施設を使用する場合で、申請を平成29年1月1日以後に行なった場合から適用します。

<申請の例>
・平成29年4月1日以後に大・小ホール及び展示室とともに使用する会議室、練習室、和室、茶室・華道室の使用の申請を平成29年1月1日より前に行った場合(旧料金)

・平成29年4月1日以後に使用する会議室、練習室、和室、茶室・華道室の使用の申請を平成29年1月1日以後に行った場合(新料金)
 

文化会館、行徳公会堂(行徳文化ホールI&I)の料金(利用料の額)について

 文化会館及び行徳公会堂は、指定管理者制度により、公益財団法人市川市文化振興財団が市から指定を受け、管理運営を行なっております。
 平成26年度からの指定管理におきましては、指定管理者が施設の使用料を徴収する「利用料金制」を導入しております。
 これは、市が定める使用料の額を上限として、指定管理者が市の承認を受けて、施設の利用料を定めることができるという制度であり、今回改正する使用料をベースに、市と文化会館等の指定管理者である公益財団法人市川市文化振興財団とが協議を行い、後日、文化会館等のホームページで料金を公表していく予定でおります。
 市民、利用者の皆さまには、ご不便をおかけいたしますが、何とぞご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

使用料改定の概要(変更点)

1.使用料を改定する施設

 文化会館の会議室・練習室、和室、茶室、華道室、及び行徳公会堂の大会議室の使用料を改定します。

  【使用料を改定する施設】
   ・文化会館:大会議室、第1〜5会議室、第1〜3練習室、和室1・2、茶室、華道室

   ・行徳公会堂:大会議室(分割して使用する場合を含みます)

2.使用者の区分について

 新たに施設を使用される方の区分を、「市民等」と「市民等以外の者」に区分して、使用料を定めることとしました。
 これにより、市外利用者の方の料金、及び商業宣伝または営業等の目的で使用する場合の料金は、全て「市民等以外の者」の料金となります。

 〇市民等:次の各号のいずれかに該当する方をいいます。ただし、商業宣伝、営業その他これらに類する目的をもって使用する方を除きます。
  (1) 本市に住所を有し、勤務し、又は通学する者
  (2) その構成する者の半数以上が前号に掲げる者である団体(法人を除く。)
  (3) 市内に事務所又は事業所を有する法人

 〇市民等以外の者:上記「市民等」以外の方をいいます。

 ※改定後の使用料の額はこちらをご確認ください(PDFファイルで開きます)

3.その他

 今回の使用料の見直しにあたりましては、文化会館の大ホール・小ホール、展示室、行徳公会堂のホール及び附属設備の使用料の改定は行いません。
Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 文化スポーツ部 文化振興課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目2番5号(いちかわ情報プラザ 2階)
電話:047-300-8020 FAX:047-300-8061
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで