ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > 市史編さん > 市川市史講演会「縄文の海を泳いだコククジラ」

市川市史講演会「縄文の海を泳いだコククジラ」

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年6月22日
 

 昭和33年、市内の平田1丁目の工事現場から、一頭分のコククジラが発見され、現在は考古博物館で展示されています。

 近年、このコククジラの発見時の貴重なカラー映像が新たに確認されたこと、出土した地層の詳細が明らかになったことなどから、これまでの調査結果をまとめた講演会を開催致します。 

チラシのダウンロードはこちら

日時

平成29年7月8日(土)  13時30分から16時30分 (開場13時)

講演内容

趣旨説明
領塚正浩(市立市川考古博物館学芸員)

平田産コククジラの発見
杉原重夫(明治大学名誉教授)

コククジラを産出した地層
領塚正浩(市立市川考古博物館学芸員)

コククジラとその生態
加藤秀弘(東京海洋大学教授)

※講演予定順
 

会場

全日警ホール(八幡市民会館) 市川市八幡4-2-1
開催場所についてはこちらから

定員

280名(当日先着順・事前申込不要・参加費無料)

問い合わせ先

市川市 文化振興課  電話 047-300-8020(平日のみ)
市川考古博物館     電話  047-373-2202(月曜休館・祝日の場合は翌日)
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 文化スポーツ部 文化振興課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目2番5号(いちかわ情報プラザ 2階)
電話:047-300-8020 FAX:047-300-8061
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで