真間の手児奈

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年11月5日

伝説のヒロイン“真間の手児奈”

文学散歩 万葉のみち
 手児奈(手児名)[てこな]は、万葉集に歌われた美女で、多くの男性に慕われつつも、だれに寄り添うこともなく、真間の入り江に身を投げたと伝えられる伝説のヒロインです。

  「葛飾(勝鹿)の真間」と詠まれたように、東国一帯に広く知られただけでなく、市川にあった下総国府を訪れた都びとにも慕われた存在です。
 手児奈は、日本最古の歌集である万葉集に詠まれており、市川の文化芸術のシンボルといえます。

 右画像のパンフレット内容はこちらからご覧いただけます。


市川のむかし話『真間の手児奈』

大門通り・万葉の歌パネル 万葉集より

真間万葉顕彰碑

真間の手児奈 文献コレクション 関連文献の紹介

手児奈を基にした芸術作品 芸能・美術作品の紹介

ワイドいちかわ 77 手児奈を訪ねて 市川市広報ビデオ
 図書館の検索画面にリンクしています。「手児奈を訪ねて」で、検索してください。

手児奈フェスティバル

手児奈万葉歌オリジナルメロディー

手児奈シンボルマーク

市川手児奈文学賞

てこな図録

・文学プラザ「てこな−その姿をもとめて」展(2009年2月7日(土)〜2009年5月28日(日))

・図録『てこな TEKONA


関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化振興課)
〒272-0015
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356