郭沫若記念館

印刷する
更新日: 2013年4月3日
郭沫若記念館
 中国・四川省楽山市出身の文学者・歴史学者・政治家である郭沫若(かくまつじゃく)氏は、昭和3年から約10年間にわたり、市川市の須和田で家族とともに暮らしました。その後、日本と中国の架け橋となる活躍をし、市川市と楽山市の友好都市締結のきっかけとなりました。

 この「市川市郭沫若記念館」は、郭沫若氏の旧宅を真間5丁目公園に移築・復元し、整備したものです。 (写真は4月初旬の様子です。)
事業内容などは、市川市文化振興財団のホームページをご覧ください。

(市川市文化振興財団 郭沫若記念館のページは、こちら

開館

午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館

月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始

交通アクセス

郭沫若記念館案内図
 
 
 
 
 
・京成市川真間駅より徒歩約16分

・JR市川駅より徒歩約20分
 
※駐車場はありませんので、お車でのご来館はご遠慮ください。
 
 
 

関連リンク

●このページに掲載されている情報の発信元
市川市 文化国際部 文化振興課
〒272-0023
千葉県市川市南八幡4丁目2番5号(いちかわ情報プラザ 2階)
電話:047-300-8020 FAX:047-300-8061
このページについてのご要望は、市民の意見箱ページまで