ホーム > 文化・観光・国際情報 > 国際交流 > その他国際交流情報 > 姉妹都市メダン市への派遣生、募集!

姉妹都市メダン市への派遣生、募集!

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年4月5日
市川市では、姉妹・友好都市を締結している3都市(アメリカ合衆国カリフォルニア州ガーデナ市、中華人民共和国四川省楽山市、インドネシア共和国北スマトラ州メダン市)へ、青少年交流の一環として、市内在住の高校生を市川市青少年代表団として派遣しています。

2019年度は、姉妹都市メダン市への青少年代表団派遣を予定しています。
普段の生活でインドネシア、ましてやメダン市との関わりを意識することはないでしょうが、本市と姉妹都市締結をしてから実に30年もの間交流を続けており、ドリアンやマンゴスチンといった南国フルーツや天然ゴムの生産で有名な国です。また、インドネシアは私たちの普段の食卓に並ぶエビの養殖地でもあります。こう聞くと、少し身近な存在に感じませんか。

今回の青少年代表団としての派遣は、一般旅行とは一味違う貴重な体験が出来ること間違いありません。シンガポール見学もプログラムに入る予定です。
興味のある方は、下記の通り、事前説明会を行いますので、是非ご参加ください。

派遣内容

【派遣先】
 インドネシア共和国 北スマトラ州 メダン市およびシンガポール

【期間】
 2019年8月中旬の10日間

【派遣人数】
 8名

【費用】
 約15万円
 ※メダン市への渡航費及びシンガポールでの滞在費用の半額程度をご負担していただきます。
  上記の金額は派遣生負担額の目安です。負担額は派遣人数確定後に決定します。

【派遣プログラム】
 市川市の青少年代表として、姉妹都市であるメダン市の一般家庭にホームステイしながら、現地青少年との交流、インドネシアの文化・習慣等の体験、日本文化の紹介を行い、青少年の国際的見識を広めます。シンガポール半日見学も予定しています。

応募資格・申込等について

【応募資格】
 ・市川市在住で、派遣時に高校在学中の者(在学校は、市内外を問いません)
 ・本市の青少年代表としてふさわしい行動のできる者
 ・派遣後も、本市の国際交流および市川市国際交流協会の事業に積極的に参加・協力出来る者
  (派遣性となった後、本人及び保護者1名以上は市川市国際交流協会の会員となっていただきます)
 ・メダン市をはじめとする姉妹友好都市からの青少年受入れの際に、ホームステイや同行などの協力ができる者

【申込方法】
 次の書類委必要事項を記入し、提出してください。
 ・申込書(氏名のローマ字表記はパスポートと同一のものであること)
 ・写真(4.5cm×3.5cm、バストアップ)2枚
  ※裏面に氏名を記入し、1枚は申込書に貼付、1枚はクリップで留めてください。
 ・応募者の全世帯の住民票 1通(本籍地・続柄・マイナンバーの記載のないものをご用意ください)
 ・作文(今回の青少年派遣を希望する理由について、1,200字以内で原稿用紙に自筆で記入してください)

【書類の提出先】
 市川市国際交流協会(市川市八幡2-4-8 八幡市民談話室6階)
 ※国際政策課には提出できません。

【応募受付期間】
 2019年3月15日(金)から2019年4月15日(月) 17時まで

【応募要項・申込書の配布場所】
 ・市川市国際交流協会
 ・市川市 企画部 国際政策課

 応募事項及び申込書は、以下のリンクからもダウンロードできます。各書類は原稿サイズのまま印刷してください。

 ・2019年 市川市青少年姉妹都市メダン市派遣 募集要項(A3サイズ)
 ・2019年 市川市青少年姉妹都市メダン市派遣 申込書(A3サイズ)

事前説明会

下記の通り、事前説明会を開催しますので、興味のある方は是非ご参加ください。

【日時】2019年3月23日(土)18時から(2時間程度)

【場所】全日警ホール 第3会議室(市川市八幡4-2-1)

【内容】派遣についての説明、派遣生による過去の派遣内容紹介、質疑応答など

過去の青少年交流

こちらから過去のメダン市への派遣の様子が見られます。


 平成28年度
  ・市川市青少年代表団のメダン市訪問

 平成25年度
  ・市川市青少年代表団のメダン市訪問
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 企画部 国際政策課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-300-8051 FAX:047-712-8763