ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > 文化人 > 水木邸公開 2010年4月〜6月

水木邸公開 2010年4月〜6月

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年11月5日
ミニイベント「水木邸でお茶を」の様子
昭和の暮らしが丸ごと遺された水木洋子さんの住まいを、水木洋子市民サポーターの会の協力で、毎月第2・4土曜、日曜に公開しています。
公開時間:午前10時から午後4時まで 入場無料

テーマ 水木邸 和のなごみ

公開日

水木邸
2010年 4月8日(土)、9日(日)・・・特別公開日      
       17日(土)、18日(日)
       24日(土)、25日(日)

     5月8日(土)、9日(日)
       22日(土)、23日(日)

     6月12日(土)、13日(日)
       26日(土)、27日(日)
  
公開時間:午前10時〜午後4時
※4月8、9日は特別公開のため、公開時間は
午前10時〜午後12時30分です

イベント

サポータートーク「水木洋子の着物」様子
毎月第4土曜日にイベントを行っています。 
(時間:午後2時〜午後3時) 
イベントは事前申込み不要

2010
 4月17日(土)・水木邸でのイベントはありません
     
 5月22日(土)・ミニイベント「水木邸でお茶を」
(予約不要)
 ※午前11時〜午後3時、先着60名、100円

 6月26日(土)・サポータートーク「水木洋子の着物」
 

展示案内

服飾

服飾 内容 展示場所
着物 水色蝋染小紋 次の間
白帝王紫四季草漆絵文袋帯
洋服 紫ウールスーツ  廊下
ベージュウールコート 傘ブローチつき
帽子 紫(銀座ベルモード) 梅ブローチつき
茶ひも靴

調度品など

調度品など 内容 展示場所
食器 灰色三つ足扇面鉢 ダイニング出窓
黄土色和皿3枚
八角形中国柄菓子鉢 ダイニング茶棚上
その他 黄色陶器花びん ハッチ上
角型香炉 ダイニング出窓
備前耳つき花入れ
御所人形(ガラスケース入り)川上南甫作三つ折れ人形 和室床の間
市松人形(ガラスケース入り)
市松人形(水木洋子が出入りの電気店主故山口サポーターのお嬢さん〈現サポーター〉に贈ったもの)
和室の茶箪笥の引き出しに遺されていた役者絵 次の間(ガラスケース内)
美濃伊賀花入れ 奥磯栄麓作 広縁違い棚
志野花入れ 奥磯栄麓作
図書 『原色日本の美術』14 1968年 小学館  書斎(机上)
次の間の展示物
和室床の間付近

配布資料から

怪談            脚本家/水木洋子の随筆から No8 2006年10月発行
花と人 脚本家/水木洋子の随筆から No3 2006年1月発行
買物籠 脚本家/水木洋子の随筆から  2004年10月発行
人形の店で 脚本家/水木洋子の随筆から No5 2006年6月発行
桃の節句と私 脚本家/水木洋子の随筆から No11 2007年2月発行

季節の花と実

ヤマブキ、シャクナゲ、カルミア、バラ、ツツジ、アジサイ、ホウノハナ
タイサンボク、ハウチワカエデ、モミジ(ベニシダレ)、クワ、エビネ
ショカツサイ、シラー、ネジバナ、ニワゼキショウ、ナツズイセン
アジサイ

ホウノハナ

脚本家 水木洋子 生誕100年フェスィバル

今年2010年(平成22)は、水木の生誕100年に当たります。
文学プラザでは、市川市に寄贈された貴重な遺品の展示を通して、「日本映画の黄金時代」に生きた脚本家/水木洋子の生涯と映画作品の全貌をたどるともに、映画鑑賞会などを通して、水木作品の魅力を紹介しております。
 
 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化振興課)
〒272-0015
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356