ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > その他文化情報 > イメージとしての写真―言葉になった市川の風景

イメージとしての写真―言葉になった市川の風景

印刷する
更新日: 2015年9月30日
 ●トップページ  ●施設案内  ●展覧会情報  ●資料案内
 ●主催事業  ●利用案内・アクセス   ●刊行物  ●市川の文化人
 ・ 過去の展覧会はこちらをご覧ください。
 
◆新着情報◆

 ・筥崎鴻東撮影フィルム「昭和の市川―ある日、ある時」のスケジュールをUPしました。
 詳しくはこちら

イメージとしての写真―言葉になった市川の風景

写真展チラシ表

― 会期 ― 

 平成26年10月11日(土)〜11月30日(日)

― 開館時間 ―
 
平日    10時〜19時30分(展示室の入室は19時まで)
 土日祝日 10時〜18時(展示室の入室は17時30分まで)

― 入館料 ―
 一般200円(160円) 65歳以上160円 高大生100円(80円)
 中学生以下無料 障害者手帳をお持ちの方と付添の方1名無料
 エコボカード満点1枚につき1名無料
  ( )内は25名以上の団体料金
 ※市制施行80周年を記念して、ご来館の昭和9年生まれの方へ、次回利用できるペア招待券を
      差し上げます。 ご本人確認のできるものをご持参ください。(詳細はお問い合わせください)。
 ※文学ミュージアムと東山魁夷記念館の両方にご来館される方に、観覧料割引サービスがござ
   います。 詳しくはこちら

― 休館日 ―
 月曜日(10月13日、11月3日、24日は開館)10月14日、31日、11月4日、25日、28日

― 協力 ―
 市川写真家協会
 

概要

写真展チラシ裏

 平成26年は市川市市制施行80周年の年にあたります。
この記念の年に、市川市文学ミュージアムでは、企画展「イメージとしての写真―言葉になった市川の風景」を開催いたします。

 本企画展は、文学作品の舞台になった場所、また現在は姿を変えたそれらの場所を、当時や現在の写真と合わせて、文学作品の一文からたどります。

 スペース(空間) ネイチャー(自然) ライン(流れ) アーキテクチャー(建築) 

のカテゴリーごとに、写真に残されたその「風景」を柱に文学の魅力に迫り、市川市の魅力を多角的な視点から、皆さまにご紹介しようとするものです。

 また、葛飾八幡宮の前宮司・筥崎鴻東(はこざき こうとう)氏撮影の、昭和の市川の情景を映した映像を上映いたします。

関連イベント

― 講演 ― ※修了しました!
 
 「写真家 北井一夫 1970年代 写真と雑誌」★

  10月18日(土)14時〜16時
  生涯学習センター3階 第2研修室 先着60名(要申込・電話にて受付047-320-3334まで)

北井一夫(きたい かずお)
 1944年中国鞍山生まれ。千葉県市川市在住。日本大学芸術学部写真学科在籍中に、写真集『抵抗』(1965年)を出版する。1972年写真集『三里塚』で日本写真協会新人賞、1976年『村』へで第1回木村伊兵衛賞を受賞。以後国内外の風景を撮影し、アサヒグラフを中心に発表する。近年、東京都写真美術館で個展を開催するなど、現在も活躍を続ける写真家である。


― 講座 ― ※終了しました!
 
市川写真家協会 講師による写真撮影上達講座★
 [1]「風景写真のコツ」

  11月6日(木)14時〜16時 講師:笠原和則氏
  生涯学習センター3階 第2研修室 定員60名(要申込・申込方法は下記記載【10月17日消印有効】)

 [2]「スマートフォンで上手に写真を撮ろう」
  
11月11日(火)14時〜16時 講師:相沢邦広氏
  生涯学習センター3階 第2研修室 定員60名(要申込・申込方法は下記記載【10月20日消印有効】)


― ワークショップ ― ※終了しました!

 「デジタル時代の写真管理術」

 パソコンに眠っている膨大な写真コレクションから欲しい1枚を、すぐに見つけ出すスキルを担当学芸員が紹介。機材、素材はご用意します。
  10月30日(木)14時〜15時
  映像メディア編集室 定員12名(要申込・申込方法は下記記載【締切10月10日消印有効】)

― ギャラリートーク ― ※終了しました!

 
担当学芸員によるギャラリートークを行います。
  10月25日(土)15時〜
   11月15日(土)13時30分〜
  11月22日(土)13時30分〜

★がついているイベントは終了後、ギャラリートークを行います。
※すべてのイベント参加には写真展の観覧券が必要となります。

申込方法(往復はがき又はFax)
講座とワークショップは、往復はがき又はFaxで[1]イベント名[2]参加人数(1通につき2名まで)[3]氏名[4]住所[5]電話番号(Fax申込の場合Fax番号も)をご記入の上、〒272-0015市川市鬼高1-1-4生涯学習センター2F(Fax:047-320-3356)市川市文学ミュージアム「イメージとしての写真」関連イベント係までお送りください。
申込多数の場合は抽選とさせていただきます。
※締切り後でも定員に余裕がある場合は、電話にて申込みを受け付けます。

上映会 筥崎鴻東(はこざき こうとう)撮影フィルム「昭和の市川―ある日、ある時」

前葛飾八幡宮宮司 筥崎氏の映像作品を初公開します。

10月中は毎週水曜日、11月中は毎週日曜日 ※終了しました!
11時〜、14時〜
生涯学習センター2階 ベルホール 先着46名(申込不要)
※ご参加の際には、写真展の観覧券が必要です。

スケジュール等の詳細はこちら

関連リンク

Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化振興課)
〒272-0015
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで