第8回市川・荷風忌

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年4月5日

 日本を代表する文豪・永井荷風(ながいかふう)(1879‐1959)は、近代化で失われゆく東京の江戸文化に目を向け、玉の井(現墨田区)を舞台にした小説『墨東綺譚』(木村荘八挿絵)などを書き上げました。1946年(昭和21)1月から市川市菅野に暮らし、日記文学の最高峰と称される「断腸亭日乗」をしたため、1959年(昭和34)4月30日未明、市川市八幡で、79歳の生涯を閉じました。
 市民の呼びかけで始まった「市川・荷風忌」――。今回は、永井荷風を通して明治の東京の成り立ちとその結果を読み解いた「荷風と明治の都市景観」の著者、南 明日香氏に新しい視点での荷風についてご講演をいただきます。あわせて、俳優座女優 長浜奈津子氏による『墨東綺譚』のひとり語りをお楽しみください。

※墨東綺譚・・・「ぼく」は正しくはさんずいに墨
第8回荷風忌ちらし
チラシはこちら(PDF) 

 
 
開催日時: 2016年(平成28)5月3日(火・祝)
        14時00分〜16時15分(開場 13時30分)
会場:    市川市生涯学習センター2階 グリーンスタジオ(無料・先着220名)※事前申込不要
       
       講演  「荷風と明治の都市景観」  南  明日香氏(相模女子大学教授)
       講演  「玉の井 大江匡とお雪」  長浜 奈津子氏(劇団俳優座女優)

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化振興課)
〒272-0015
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで