ホーム > 文化・観光・国際情報 > 文化 > 市史編さん > 市川市史刊行記念講演会「まつりごとの展開」

市川市史刊行記念講演会「まつりごとの展開」

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年1月8日
 古代の市川は、下総国の役所である国府が置かれ、政事(まつりごと)の中心地として栄えていました。
 このたび刊行する『市川市史 歴史編3  まつりごとの展開』(平成31年1月刊行予定)は、市川が、古代・中世・近世にかけてどのような変遷をたどってきたのかをまとめたものです。
 講演会では、市川市史調査編集委員から、その内容をわかりやすくお伝えします。

チラシのロードはこちらをクリックしてください

 

日時

平成31年2月2日(土)
13時30分から16時30分(受付開始13時)

講演内容

吉村武彦(明治大学名誉教授)
 市川は古代下総のセンター ー国府・国分寺の成立までー

湯浅治久(専修大学教授)
中世市川と「まつりごと」  ー「府中」から「境目の地」へー

村田隆三(昭和学院短期大学講師)
江戸近郊としての市川
 

会場

グリーンスタジオ
市川市生涯学習センター2階(千葉県市川市鬼高1-1-4)

定員

220名(当日先着順・申込不要・参加費無料)

問合せ先

市川市文学ミュージアム 
電話 047-320-3334(月曜休館・月曜日が祝日の場合は翌平日休館)

 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市文学ミュージアム
(市川市 文化スポーツ部 文化振興課)
〒272-0015
市川市生涯学習センター(メディアパーク市川)2階
電話:047-320-3334 FAX:047-320-3356