旧本庁舎の取り壊しについて

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年3月1日
 市では現在、新庁舎建設を進めております。この度、南八幡に建設した仮本庁舎(新第2庁舎)の完成に伴い、本庁舎機能を仮本庁舎(新第2庁舎)に移転し、平成29年5月8日(月)から業務を開始いたしました。
 現在、旧本庁舎(八幡1丁目1番1号)の取り壊しを行っており、跡地に新第1庁舎を建設する予定です。
 なお、仮本庁舎期間は新第1庁舎が完成し本庁舎機能を移転する平成32年5月ごろまでの約3年間です。
 市民の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解をお願いいたします。
 

旧本庁舎のあゆみ

庁舎写真1
昭和9年11月に市川町、八幡町、中山町および国分村の4町村が合併して市制を施行し、市川市になりました。それに伴い、昭和10年3月に市庁舎が完成しました。

○昭和9年の人口(推計人口)
  40,869人(8,347世帯)

庁舎写真2
昭和24年に大柏村、昭和30年に行徳町、昭和31年に南行徳町と合併したことにより、行政需要が高まってきたことなどから、昭和34年に鉄筋コンクリート造に建て替えをおこないました。

○昭和35年の人口
  157,301人(37,647世帯)

○昭和33年には葛飾八幡宮境内の市民会館も完成しました。

庁舎写真3
その後も公有水面の埋立に伴う新たな町の誕生が続き、増大する行政需要に対応する為、増改築を繰り返し、昭和54年にほぼ全ての改築を終えました。

○昭和54年の人口
  356,925人(115,869世帯)
※上2点写真は広報広聴課より提供。人口の推移は総務課(統計資料)。
庁舎写真4
耐震性の不足や老朽化等の問題により、庁舎の建替えを行うこととなりました。平成29年6月より旧本庁舎の取り壊しを行い、平成32年度に新たな庁舎が完成する予定です。(写真は平成29年8月に撮影したものです)

旧本庁舎平面図


第一庁舎 構造 鉄筋コンクリート造6階(一部鉄骨造)
延床面積 6,329.26平方メートル
竣工年月日 昭和34年6月27日
増築工事 昭和38年2月27日
第二庁舎 構造 鉄筋コンクリート造6階、地下1階
延床面積 4,623.33平方メートル
竣工年月日 昭和46年7月5日
第三庁舎 構造 鉄筋鉄骨コンクリート造6階、地下1階
延床面積 7,109.99平方メートル
竣工年月日 昭和54年5月19日

 
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 財政部 管財課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8647 FAX:047-712-8762
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで