ホーム > 文化・観光・国際情報 > 観光 > 観光情報 > 市川市文化会館が「ピンクとグレー」のロケ地になりました

市川市文化会館が「ピンクとグレー」のロケ地になりました

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年1月26日
 中島裕翔さんと菅田将暉さんが共演、行定勲さんが監督の映画「ピンクとグレー」が、2016年1月9日(土)から全国公開されました。
 アイドルグループNEWSの加藤シゲアキさんの作家デビュー作となった同名小説の映画化。一部ですが市川市内も撮影場所となりました。
 丁度1年前、撮影のために舞台のあるホールを探しているという相談が市川市にありました。そこで市川市文化会館をご紹介したところ、話しがトントン拍子に進み、撮影にこぎつけることができました。
 撮影当日は、朝から現場に入った撮影隊に同行。監督をはじめ俳優やスタッフの方々が、各シーンを納得のいくものに作り上げようと、リハーサルと本番を何度も繰り返される緊張感いっぱいの現場で、ただただ息を呑むばかりでした。
 映画のキャッチコピーは「幕開けから62分後の衝撃!!ピンクからグレーに世界が変わる“ある仕掛け”に、あなたは心奪われる−。」です。スクリーンに関係者の思いがどんな形で結実しているのか是非ご覧ください。

 映画の公式WEBサイトはこちら →http://pinktogray.com/
撮影で使用されたカメラ
撮影舞台の準備の様子
本番前の様子
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 経済部 観光交流推進課
〒272-0021
千葉県市川市八幡3丁目3番2-408号(グランドターミナルタワー本八幡)
電話:047-711-1142 FAX:047-711-1146
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで