ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 教育委員会 > 文化財(市指定)−元弘の板碑

文化財(市指定)−元弘の板碑

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月1日

元弘の板碑(げんこうのいたび)

元弘の板碑
元弘の板碑
 泰福寺(たいふくじ)の本堂手前、本堂に向かって右側に設けられた柵内にあります。これは法華経寺第3世の日祐(にちゆう)が書いた自筆の題目板碑で、泰福寺開山の日寂(にちじゃく)のために建立された供養塔です。日祐自筆の板碑は宗宝としても大切なものです。
 
 日寂はもと天台宗浅草寺の僧でしたが、弘安年間(1278〜1288)に富木常忍(とき じょうにん、1216〜1299)によって日蓮宗に改宗し、泰福寺の開祖となったと伝えられています。
 
 板碑は緑泥片岩の厚さ24ミリメートル、高さ1.12メートルのもので、鮮やかな文字が読みとれ、建立は元弘2年(1332)となっています。
 
 銘文は次のように彫られています。

  銘 日祐書之(花押)
  南無多寳如来   南無法主聖人
  為 先師日寂
  南無妙法蓮華経  聖霊成等正覚
  南無釈迦牟尼佛  南無日高聖人
  
  元弘二年壬申七月八日

 
 
 
メモ
日祐(にちゆう 1298〜1374)

千葉胤貞(ちばたねさだ)の養子で、法華経寺住職・日高(にちこう)の弟子となり、その後を継いで第3世住職となりました。教団の発展と日蓮の遺文の確保に尽力しました。

アクセス

住所: 高石神21-9 泰福寺

交通: 京成線京成中山駅から徒歩5分

見学は自由。泰福寺の本堂手前、本堂に向かって右側の石段の上にあります。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 考古博物館/考古博物館文化財グループ
〒272-0837
千葉県市川市堀之内2丁目26番1号(考古博物館)
千葉県市川市堀之内2丁目27番1号 歴史博物館1階(文化財グループ)
電話:047-373-2202(考古博物館) 047-701-8399(文化財グループ)
FAX:047-372-5770(文化財グループ)