ホーム > 市政情報 > 施設のお知らせ > 教育関係施設 > 少年センター > 千葉県青少年健全育成条例について

千葉県青少年健全育成条例について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年4月7日
あなたは知っていますか?
千葉県青少年健全育成条例を!
 
「この条例の目的」
 この条例は、青少年の健全な育成のため、必要な環境の整備を図り、あわせて青少年の健全な育成を阻害するおそれのある行為を防止することを目的としています。
 
「県民の責務」
県民は、青少年の自主的な活動を助長し、青少年のための健全な環境をつくり、あわせて青少年の健全な育成を阻害するおそれのある行為又は環境から青少年を保護するように努めなければなりません。
 
◎深夜外出の制限
☆保護者は、特別の事情がなければ深夜(午後11時から翌日の午前4時まで)青少年を外出させないように務めなければなりません。
☆だれでも、青少年を脅かしたり、欺いたりするような不当な手段で、又は保護者の委託等正当な理由がなく、深夜に、青少年を連れ出すこと等をしてはいけません。
違反すると20万円以下の罰金又は科料です。
 
◎深夜における入場禁止等
☆カラオケボックスやインターネットカフェ、マンガ喫茶の営業者や従業者が、深夜に青少年を客として入場させてはいけません。
違反すると30万円以下の罰金又は科料です。
 
◎みだらな性行為等の禁止
☆だれでも、青少年に対し、威迫、欺き、又は困惑させる等青少年の心身の未成熟に乗じた不当な手段によるほか単に自己の性的欲望を満足させるための対象としてあつかっているとしか認められない性行為 又はわいせつな行為をしてはいけません。
違反すると、2年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。
 
◎質受け、古物の買受の制限等
☆質屋、古物商は、保護者の委託や同意がない場合は、青少年から物品を質受けしたり、買い受けしたりしてはいけません。
違反すると、10万円以下の罰金又は科料です。
 
◎着用済み下着等の買受け等の禁止
☆だれでも、青少年から着用済み下着等を買ったり、売却の委託を受けたり、売却の仲介をしてはいけません。
違反すると、30万円以下の罰金又は科料です。
 
◎インターネット接続機器の管理に係る保護者の責務
☆保護者は、パソコンなどインターネットに接続する機器を適切に管理することにより、青少年が有害情報を閲覧することがないよう努めなければなりません。

 
以上、「青少年健全育成条例のしおり(改訂版)」千葉県から
 
詳しくはこちらをどうぞ⇒「千葉県青少年健全育成条例」
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 学校教育部 教育センター
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター3階
研修グループ 電話:047-320-3335
相談グループ 電話:047-320-3336
少年センター 電話:047-320-3345
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで