ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 選挙管理委員会 > 平成31年4月21日執行の市川市議会議員一般選挙における当選の効力に関する異議の申出に対する決定について

平成31年4月21日執行の市川市議会議員一般選挙における当選の効力に関する異議の申出に対する決定について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2019年5月21日
平成31年4月26日付けで提起された同年4月21日執行の市川市議会議員一般選挙(以下「本件選挙」という。)における当選の効力に関する異議の申出(以下「本件異議申出」という。)について、本日の臨時委員会において以下のとおり決定しました。
 
1.主文
本件異議申出を棄却する。
 
2.本件異議申出の要旨
(1)異議申出人   吉住 威典
(2)異議申出の趣旨 本件選挙の一部当選者の当選を無効とする決定を求める。
(3)異議申出の主な理由
[1]平成29年11月26日執行の市川市議会議員補欠選挙における異議申出人の得票数に対し、本件選挙の得票数が激減したことは重大な誤りである。
[2]本件選挙において、異議申出人の得票の中から投票が抜かれ、毀棄及び隠匿され、投票に記載されていた氏名が書き換えられている。
[3]本件選挙に係るテレビ報道された遅滞した開票作業状況の原因は読み取り機の故障とどこからか報道され、この遅滞は不自然である。
 
3.決定の理由
当委員会は、本件異議申出の理由に開票作業に瑕疵があったと記述されているので調査しましたが、開票は選挙立会人の立会いの下に公職選挙法等所定の手続に従って適正に行われ、記録したビデオカメラの撮影内容にも不審な点は見られなく、理由を裏付ける証拠類も何ら提出されていないため、選挙無効を決定すべき場合に該当しないと判断しました。さらに、異議申出の理由[1]及び[3]は当選無効の原因となり得べき違法事由として認められないものであり、理由[2]は前文のとおり開票は適正に行われ証拠類の提出もないので事実が認められず、異議申出人の主張にはいずれも理由がないため、主文のとおり決定します。
 
4.決定後の手続き
決定に不服がある人は、本日から21日以内に、文書で千葉県選挙管理委員会に審査を申し立てることができます。
 

詳細につきましては、決定書をご覧ください。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 選挙管理委員会事務局
〒272-0023
市川市南八幡2丁目17番7号
電話:047-321-6158 FAX:047-321-6159