在外選挙制度

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月2日
外国にいても、「在外選挙制度」で、国政選挙の投票ができます。 
 
国政選挙に参加するためには『在外選挙人名簿』への登録が必要です。
 在外投票をするには、まずあなたが住んでいる地域を管轄する在外公館(大使館や総領事館)で、在外選挙人名簿への登録を申請してください。
 登録されたかたには、投票時に必要な「在外選挙人証」が、所定の市区町村選挙管理委員会から在外公館を通じて交付されます。
在外選挙制度の流れ
在外選挙人名簿の登録申請について

登録資格
 年齢満18年以上の日本国民(居住国への帰化等により日本国籍を失ったかたは対象になりません)で、引き続き3ヶ月以上そのかたの住所を管轄する領事官(大使や総領事)の管轄区域内に住所を有するかた(ただし、公民権停止をされていないかた)
 なお、 平成19年(2007年)1月1日から、3か月未満の時期でも申請できるようになりましたので、在留届を在外公館の窓口へ提出する際に一緒に行えます。

申請書の提出方法
 申請者本人又は申請者の同居家族等※が必ず在外公館(大使館や総領事館)の領事窓口に行って申請してください。申請書は在外公館にあります。受付時間は、在外公館の領事窓口の受付時間です。

 ※同居家族等には、在留届の氏名欄に記載されているかた及び同居家族欄に記載されているかたが該当します。例えば、夫が在留届の氏名欄に記載され、妻が在留届の同居家族欄に記載されている場合には、夫が申請者の場合は妻が同居家族等に該当し、妻が申請者の場合は夫が同居家族等に該当します。

在外選挙人名簿の登録市区町村
1.原則として、日本国内の最終住所地の市区町村選挙管理委員会です。

2.ただし、次のいずれかに該当するかたは申請時の本籍地の市区町村選挙管理委員会になります。

○国外で生まれ、日本で暮らしたことがないかた
(住民票が一度も作成されたことがないかた)

○平成6(1994)年4月30日までに出国されたかた
(ただし、転出届の提出が遅れるなどにより、平成6(1994)年5月1日以降に住民票が消除されている場合は、最終住所地の市区町村の選挙管理委員会になります。)

 ※市区町村の区域外に転出する住民は、転出届を提出することとなっています。未提出のかたは引き続き国内に住所があると認定され、在外選挙人名簿に登録されない場合がありますので、海外に出発する前に転出届を提出するのを忘れないようにしましょう。既に海外にお住まいのかたで未提出のかたは、登録申請前に転出した旨の届出を転出元の市区町村長にするようにしましょう。

登録申請の時に持参するもの
 次の書類を必ずお持ちください。
1.申請者本人の旅券
 ※事情があって旅券を提示できない場合は、旅券に代わる身分を証明する書類が必要です。この書類については、国・地域によって異なる場合がありますので、旅券を持ち合わせておられないかたは、管轄の在外公館にお問い合わせください。

2.申請書を提出する領事官の管轄地域内に引き続き3ヶ月以上住所を有することを証明する書類
(例:住宅賃貸借契約書、居住証明書、住民登録証、住所記載の電気・ガスの領収書等)
※海外に3ヶ月以上滞在するかたは、旅券法第16条により在留届を提出していただくことになっています。この在留届を管轄の在外公館に3ヶ月以上前に提出している場合は、2の書類は不要です。在留届を提出していないかたは、早めに提出しましょう。

(注意)平成19年(2007年)1月1日から、海外居住期間が3か月未満の時期でも登録申請ができるようになりました。在留届を在外公館の窓口に提出する際などに一緒に行うことができます。申請書は一旦お預かりし、居住期間の3か月経過時に改めて在外公館から所在を確認したうえで登録申請先の国内選挙管理委員会あてに送付することになりますのでご注意ください。  

3.同居家族等を通じて登録申請をする場合は、更に以下の書類が必要です。
(1)申請者が同居家族等へ委任したことを示す申出書
 (申請者本人の署名が必要です。)
(2)同居家族等の旅券(旅券以外の身分証明書は、認められません。)

その他
 死亡した場合、日本国籍を失った場合、帰国して国内の市区町村で住民票が作成されてから4ヶ月を経過した場合等には、在外選挙人名簿の登録は抹消されます。

 ※在外投票の方法はこちら

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 選挙管理委員会事務局
〒272-0021
千葉県市川市八幡4丁目2番1号
電話:047-332-8739 FAX:047-336-8059
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで