ホーム > 暮らしの情報 > 自然・環境・緑化 > 環境 > 市民協働・市民参加・活動支援 > いちかわ環境フェア2009【終了しました】

いちかわ環境フェア2009【終了しました】

印刷する
更新日: 2015年12月17日

いちかわ環境フェア2009

市制施行75周年記念
いちかわ環境フェア2009
  CHANGE!! スローライフへ
 
 『いちかわ環境フェア2009』は、盛況のうちに終了いたしました。
 
 
 
・日時  平成21年6月27日(土)
       10時30分から15時30分まで ※荒天中止
 
・会場  千葉県立現代産業科学館 (現代産業科学館への交通案内はこちら
                       会場マップはこちら
      メディアパーク市川 (関連イベント ブータンの自然とくらし 特別展)
      市川市リサイクルプラザ (関連イベント フリーマーケット 10時から15時まで
 
・内容  【主なイベント】
       ○市民団体や企業などの環境活動の取り組み紹介
       ○各展示コーナーを巡るエコスタンプラリー
       ○講演会「ゴミを出さないアイデア生活」 <講師 赤星たみこ氏> ※詳細はこちら
       ○親子工作教室「太陽光で走るミニソーラーカー工作」 ※参加者募集の詳細はこちら
       ○HELP!シロクマを救え!
       ○いちかわこども環境クラブ発足式
       ○エコライフ推進員活動報告会
       ○電気自動車同乗体験会 <東京電力(株)>
       ○省エネルギー電球へのチェンジによるエコライフのススメ
       ○産直野菜の販売 <JA市川市 朝市組合>
       ○無洗米の紹介
       ○緑のカーテンの紹介
       ○エコ・ライブ! <出演者 シンガーソングライター 松尾貴臣氏>
       ○科学こども教室
 
・主催  市川市
 共催  千葉県立現代産業科学館・千葉県立中央博物館
 

講演会

講演会「ゴミを出さないアイデア生活」
  −簡単エコのススメ−
 
・講師  赤星たみこ氏 (環境省第1期3R推進マイスター)
      【プロフィール】
       漫画家であり、環境問題の講座でも活躍しているエコロジスト。
       粉石けんで真っ白に洗い上げる洗濯術を説き、石けん界のカリスマとも呼ばれている。
・時間  13時30分から15時30分まで (開場 13時)
・場所  千葉県立現代産業科学館(サイエンスドーム)

親子工作教室

親子工作教室「太陽光で走るミニソーラーカー工作」
 
ミニソーラーカー
・時間  第1回 11時から12時30分まで
      第2回 14時から15時30分まで
・場所  千葉県立現代産業科学館
・対象  小学校3年生以上の子と保護者
・定員  各回15組(30人)
・費用  1人60円(保険代として)
・申込  電話【環境政策担当(320-3976)】による事前申し込み(先着順)。
 
     ※申込受付は終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

チラシ

環境フェア チラシ
環境フェア タイムスケジュール

会場マップ

会場マップ

いちかわ環境フェア2009の開催結果

 「いちかわ環境フェア2009」は多くの方にご協力をいただきまして、当日は天候にも恵まれ、延べ約5,500人の方にご来場いただきました。
 企画展示室での環境活動展示コーナーをはじめ、屋外のサイエンス広場ならではの各種エコカーの展示や体感ゲーム、サイエンスドームでの講演会や報告会などの各種の催しを、多くの市民の方にご覧いただきまして、「CHANGE!【スローライフへ】」という今回のテーマをご理解いただくことができたと考えております。
 「いちかわ環境フェア2009」の趣旨にご賛同、ご協力いただきました方に厚くお礼を申し上げるとともに、次回の開催時につきましてもご理解いただきますよう、今後ともよろしくお願い申し上げます。
環境フェアの入り口
 
 環境フェアのメイン会場の入り口の様子です。正面には本部テントが見えますが、例年とは周囲の様子が一変!今、話題のエコカーが左右に並んでいます。
 楽しみながら、親しみながら、環境を考えるイベントを催そうと、市民、市内事業者、そして市が環境フェア自体を『CHANGE!』しました。
環境フェア本部
 
 環境フェアの本部です。以前から大好評の『スタンプラリー』の受付に人が並んでいます。配布されたウチワに、会場内の指定されたブースで押されるスタンプを集めると、抽選で景品が当たるというものです!
 なお、景品の中には環境グッズの他に出展団体からご提供をいただいているものもあり、通常では入手困難なものもあったとか・・・

ふわふわトランポリン
 
 屋外にある本部の周囲には様々なブースを設けました。入り口のエコカーの並びも印象的ながら、千葉県現代産業科学館の横には『ふわふわトランポリン』が並び立っています。
 『ふわふわトランポリン』は市川市動植物園での人気のアトラクションでしたが、今回は環境フェアに特別にご協力いただきました。やはり、親子連れの方に大人気で、順番待ちの列ができていました。
 実は、環境フェアに楽しい雰囲気を出すことと、他のブースで体験するためのフットワークを軽くするために設置したもので、期待通りの活躍でした。

電気自動車の試乗
 
 体験ブースの中でも特に目を引いたものとしては、電気自動車試乗が挙げられるでしょう。電気自動車元年とも言われる2009年ならではのブースです。運転することはできませんが、話題の電気自動車に誰でも乗れるとあって、大人からこどもまで多くの方の興味を引いていました。環境を考えての未来のクルマであり、乗り込む時はワクワクしてきますね。
省エネ電球の紹介
 
 未来を考えている製品は、身近な家電でもあります。国の制度である『グリーン家電普及促進事業【エコポイントの活用】』の対象商品以外の他にも、様々な省エネ型の家電が市販されています。屋外での省エネ家電の紹介ブースは、クルマの側面がそのまま展示棚に改造されているもので、手前にある省エネ電球は効果が明確に出るものとして、おススメです。
 ※エコポイントに関する問い合わせ先はエコポイント事務局(電話0570-064-322)となります。

環境クイズの様子
 
 出展者による家族を対象にした環境クイズも行われました。テーブルを囲んで座り、○×スティックで回答する本格的(?)なもので、ちょっとした家族会議に見えました。
 またイメージキャラクターも活躍して、会場は大いに盛り上がりました。暑いなか、お疲れ様でした・・・

松尾氏のエコライブ
 
 お昼にはエコライブと称して、千葉を拠点に活躍されるシンガーソングライターの松尾貴臣氏によるライブがありました。松尾氏は「音楽を通して日本全国にハッピーを届けよう!」と活動されていて、2008年3月に千葉県で開かれた、気候変動やクリーンエネルギー等に関する国際会議「G20ちば記念国際フォーラム」のイメージソング「Save the Earth Save the Future 〜今、僕らにできること〜」をはじめ、数曲を歌っていただきました。会場に響き渡った歌声とともに、来場者にもその想いが伝わったことでしょう。
赤星氏の講演会
 
 サイエンスドーム(屋内)でも催しが行われ、その中でも、赤星たみこ氏による講演会「ゴミを出さないアイデア生活」は注目を集めました。漫画家でエコロジストの赤星氏は、環境問題の講座も各地で行われています。
 講演を聞かれた方のアンケートでは、「実演があって、とてもわかりやすかった」「ユーモアがあっておもしろかった」「洗濯・カビ対策・食器洗いなど、大変参考になったので是非実践したい」などの喜びと驚きの声がたくさん寄せられました。

親子工作教室
 
 屋内1階の大きな展示物に囲まれたスペースにおいては、ミニソーラーカーのプラモデルを作る「親子工作教室」が行われました。親子で会話しながら作り、完成したプラモデルが動いた時は、参加者の皆さんが笑顔になりました。
 なお、今回は参加応募者が大変に多く、締切後に連絡をいただいた方はお断りしております。次回はより多くの方が参加できるよう運営を見直して参りますので、ご理解をお願いします。

環境活動団体ブースの例
 
 屋内の企画展示室では、市民団体、事業者、行政などによる様々な環境活動に関しておよそ40のブースが用意され、来場者に内容を説明したり、体感させたりして、環境活動の重要さをアピールしていました。
 こちらは、日頃の地球温暖化対策の重要性を訴えているブースです。ホッキョクグマの写真パネルから、分りやすく説明していました。
高校生による紙芝居
 
 こちらのNPO団体のブースでは、高校生による紙芝居が行われました。実は彼女達はインテリア志望の市内の高校に通う生徒で、このNPO団体のロゴをデザインする一方で、この団体が製作した紙芝居を読む役に挑戦したそうです。このような協力関係が、環境フェアが縁で新たに増えると素晴らしいですね。

環境活動団体ブースの例2
 
 この他にも様々なブースがありました。いちかわ環境フェアの原点とも言える環境団体紹介ブースは、来場者に対して日頃の環境活動の考えと行動への理解を求めて、出展されているものです。
 誠に申し訳ありませんが、実施結果の掲載はこれまでとし、全てのブースの紹介は割愛させていただきます。当日に来場されなかった方は、次回の環境フェアにはぜひ足を運んでみてください。きっと新たな発見ができると思います。また、出展、協力いただいた方は、次回の開催につきましてもよろしくお願いします。
 
 
 

Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 環境政策課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
電話:047-712-6305 FAX:047-712-6308
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで