ホーム > 暮らしの情報 > 自然・環境・緑化 > 環境 > 地球環境(地球温暖化対策) > スマートハウス関連設備補助金の主な変更内容

スマートハウス関連設備補助金の主な変更内容

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月31日

平成28年度から29年度への主な変更内容

補助対象設備の主な変更点

・太陽光発電設備については、既築住宅に設置する場合で、エネルギー管理システム又は定置用リチウムイオン蓄電システムを設置している住宅が対象となります。

・太陽光発電設備の補助金額の上限が変更になりました。
  市外事業者施工の場合「70,000円」→「 90,000円」
  市内事業者施工の場合「87,500円」→「112,500円」

・「エネルギー管理システム」、「電気自動車充給電設備」、「太陽熱利用システム(自然循環型)」については、補助対象外となりました。
 

提出書類の主な変更点

(1)共通
  • 「様式第1号(その2)」の署名、捺印を廃止しました。
  • 未使用であることを確認できる書類について、日付の記載があることを追加しました。
  • 納税の確認を、申請者及び申請者と同一の世帯に属する方に変更しました。

(2)太陽光発電設備について
  • 既築住宅を確認するための書類が追加になりました。
  • HEMS又は蓄電池の設置を確認する書類(カタログ、写真)が、追加になりました。
  • 電気事業者と発電した電気に関する特定契約を締結したことが分かる書類に、電力量のお知らせを追加しました。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 環境政策課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
電話:047-712-6305 FAX:047-712-6308
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで