ホーム > 暮らしの情報 > 自然・環境・緑化 > 環境 > 環境調査・公害規制等 > 市川市の大気環境(PM2.5)の状況について

市川市の大気環境(PM2.5)の状況について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年9月1日

冬期のPM2.5に関する情報

 微小粒子状物質(PM2.5)の濃度は、11月から3月頃にかけて高くなる傾向があり、この期間は、市川市でもPM2.5濃度が高くなる可能性があります。
 千葉県及び市川市では、国が示す指針値(1日の平均値70μg/m3)を超えると予想される場合は、午前9時又は午後1時を目途にホームページ、防災行政無線等によりお知らせします。
詳しくは、こちらをご覧ください。
 

1.微小粒子状物質(PM2.5)の基本情報

微小粒子状物質(PM2.5)とは?

 微小粒子状物質(PM2.5)とは、粒径2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の粒子状物質です。PM2.5は、呼吸器系の奥深くまで入りやすいことなどから、人の健康に影響を及ぼすことが懸念されています。



PM2.5の環境基準

 1年平均値が15μg/m3以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3以下であること。

※μg/m3・・・マイクログラム/立方メートル。1マイクログラムは1グラムの100万分の1

注意喚起のための暫定的な指針

 国は、PM2.5の一日あたりの平均濃度が70μg/m3を超えると予想される場合には、注意喚起を行うことが適当であるという指針を定めました。
 

2.市川市における微小粒子状物質(PM2.5)の監視状況等について

市川市の監視体制

 市川市では、平成246月より3ヶ所で測定を開始し、その結果(速報値)は市川市のホームページで公開しています。
 
<測定局(測定場所)>
(1)本八幡局(市川市立八幡小学校内)
(2)大野局   (市川市立大柏小学校内)
(3)行徳局   (市川市立第七中学校内)

測定結果(速報値)はこちらをご覧ください。   →   市川市の大気環境情報(速報値)
市川市の測定結果は、こちらからもご覧になれます。 → 千葉県の最新大気環境情報

◆「市川市の大気環境情報」をご覧の際の注意事項◆
 ・リンク先のページが表示されたら、測定項目の欄で「PM2.5」を選択し、横の「更新」ボタンをクリックしてください。
 ・リンク先のページは、一部のブラウザではご覧になれない場合があります。ご不便をお掛けしますが、その場合はInternet ExplorerGoogle ChromeFirefoxのいずれかのブラウザにてご覧いただくか、 千葉県の最新大気環境情報をご覧ください。
     

 

PM2.5の濃度が高くなることが予想される日の対応について

 市川市では、国の指針に基づき、PM2.5濃度の1日あたりの平均値が70μg/m3を超えると予想される場合には、午前9時又は午後1時頃に以下のとおり、注意喚起を行います。測定値(速報値)については、千葉県及び市川市が公表する測定値(速報値)をご確認ください。

〇注意喚起の判断基準
(1)午前9時頃の注意喚起
 各地域内の一般環境大気測定局において、午前5時、6時、7時までの1時間値の平均値の中央値が日平均値70μg/m3に対応する85μg/m3を超え、かつ高濃度の状態が継続すると判断される場合、午前9時頃を目途に注意喚起を行います。
 
(2)午後1時頃の注意喚起
 各地域内の一般大気環境測定局において、いずれか1局の午前5時から12時までの1時間値の平均値が80μg/m3を超え、かつ高濃度の状態が継続すると判断される場合、午後1時頃を目途に注意喚起を行います。 

○注意喚起の方法
 ・防災行政無線による放送 (午前9時又は午後1時頃放送)
【放送内容】
 こちらは、市川市です。
 PM2.5注意情報をお知らせします。
 本日は、PM2.5の濃度が高くなることが予想されます。
 屋外での長時間の運動は、できるだけ減らすようにしましょう。
   ・小中学校、幼稚園、保育園、老人福祉施設等への連絡
 ・市川市ホームページによるお知らせ
   ・メール情報配信サービスによる配信  ※当サービスのご利用には事前の登録が必要です。
                          登録はこちらからどうぞ → 市川市メール情報配信サービス

○注意喚起が行われた場合は、以下の対応をとることが有効です。
 ・不要不急の外出を控える。
 ・屋外での激しい運動をできるだけ減らす。
 ・外出時にはマスクの適切な着用を行う。
 ・室内の換気は必要最小限にする。
 ・洗濯物は室内に干す。
   ・高感受性者(呼吸器系や循環器系の疾患を有する方、小児、高齢者等)は、体調の変化に注意し、慎重な行動をとる。

※注意喚起を行なっていない場合でも、PM2.5濃度が高くなる場合があります。
  その場合は、HPで公開している測定値の確認を行ない、注意喚起時と同様の行動をとるよう心がけてください。

○濃度改善の情報提供
 注意喚起が行なわれた後、千葉県内の全ての一般環境大気測定局においてPM2.5濃度が2時間連続して50μg/m3 を下回った場合は、注意喚起と同様の方法で濃度改善の情報提供を行ないます。
※なお、この情報提供は、午後4時までに濃度改善がみられた場合のみ行ないます。
・防災行政無線による放送
【放送内容】
 こちらは、市川市です。
 本日のPM2.5注意情報について、PM2.5の濃度は改善されましたのでお知らせします。

千葉県、環境省の情報


 

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 環境部 環境保全課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号

水質・土壌グループ
  電話:047-712-6310 FAX:047-712-6316(各グループ共通)
大気・騒音・振動グループ
  電話:047-712-6311(大気)
  電話:047-712-6312(騒音・振動)
  電話:047-712-6313(放射能)
管理グループ
  電話:047-712-6309(犬の登録・猫助成金など)
 
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで