雑がみの分別について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2016年10月17日

雑がみとは?

雑がみとは、紙類4品目(新聞・雑誌・ダンボール・紙パック)以外のリサイクルできる様々な紙類のことです。

主な雑がみ

 ■菓子やティッシュペーパーなどの紙箱
   (プラスチックフィルム等は取り除いて箱をつぶす)
 ■包装紙・紙袋
   (プラスチック製の持ち手などは取り除く)
 ■ハガキ・封筒
   (圧着ハガキを除く。粘着テープ、プラスチックフィルム製の封筒枠は取り除く)
 ■パンフレット・コピー用紙

など
主な雑がみ

雑がみの出し方

雑がみは3種類の方法で出すことができます。

 ■紙袋に入れて出す
 ■雑誌に挟んでひもで十字に縛って出す
 ■雑がみを束ねてひもで十字に縛って出す

雑がみ保管袋の作り方はこちら

 
雑がみの出し方

ひもで縛る場合は、ビニールひもか紙ひもで縛ってください。
粘着テープ(ガムテープ等)でまとめないでください。
 

雑がみに出せない紙類

紙類の中には、リサイクルができないものがあります。
下記のものについては、燃やすごみに出すようにしてください。

×防水加工された紙(紙コップ、紙皿、カップ麺やヨーグルトの紙製容器など)
×カーボン紙(宅配便の複写伝票など)・感熱紙(レシートなど)
×印画紙の写真、インクジェット写真プリント紙
×臭いのついた紙(石鹸の個別包装紙・洗剤の箱など)
×アイロンプリント紙(捺染紙)
×アルミ箔やプラスチックフィルムを貼りあわせた複合素材のもの
×カバンや靴などの詰め物としている紙
×感熱性発泡紙(点字用の紙など)
×圧着ハガキ(親展ハガキなど)
×汚れた紙(使用済みティッシュペーパーなど)
×カバンや靴などの詰め物としている紙
×シュレッダーで処理した書類
×クラスターパック(ビール6缶の紙ケース)
×タマゴパック(プラマークがあるものはプラスチック製容器包装類)


 

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 清掃部 循環型社会推進課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
家庭系ごみについて 電話:047-712-6317 FAX:047-712-6320
事業系ごみについて 電話:047-712-6318 FAX:047-712-6320
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで