ホーム > 事業者向け情報 > 事業系ごみ > 事業系ごみの適正処理 > 事業系ごみ(事業系一般廃棄物)とは

事業系ごみ(事業系一般廃棄物)とは

印刷する
更新日: 2015年12月16日

事業者のみなさまへ
〜ごみの適正処理・減量・資源化にご協力をお願いします〜

事業系ごみ(事業系一般廃棄物)とは

「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」(廃棄物処理法)では、いわゆる「ごみ」(廃棄物)を大きく「一般廃棄物」「産業廃棄物」とに分け、各々適正に処理しなければならないと定めています。
さらに、「市川市廃棄物の減量、資源化及び適正処理等に関する条例」(以下「条例」といいます。)では、一般廃棄物を「家庭廃棄物」「事業系一般廃棄物」に分けています。
 
廃棄物の分類
※産業廃棄物の詳細については千葉県の ウェブサイトをご覧ください。
 
 
事業系ごみ(事業系一般廃棄物)は、事業活動に伴って店舗や事務所、飲食店などから出る書類、ダンボール、茶殻、残飯などの全ての「ごみ」(産業廃棄物を除く)のことです。家庭から排出されるごみと同様のものでも、事業所から出されたものは事業系ごみです。
事業系ごみについては、各事業者が「自らの責任において適正に処理」することとされています。
適正処理の方法についてはこちらをご覧ください。

ごみの減量・資源化

市川市は「シェイプアップ市川」をスローガンに掲げ、資源循環型社会の形成をめざしています。市内にごみの最終処分場を持たない市川市では、「ごみを出さない」(減量化)・「できるだけ資源として使う」(資源化)を進めていく必要があります。
生ごみの水切り、簡易包装の推進、オフィスでの紙の使用量削減、使い捨てから繰り返し使用できるものへの移行などによりごみの総量を減らすことや、分別をしっかり行ってリサイクルに回す量を増やすことで、資源化する量を増やし、処分するごみの量を減らすことが考えられます。また、グリーン購入法対応品など再生品の積極的な利用も、資源循環の輪を広げるうえで大きな役割を果たします。
事業者のみなさまには、ごみの適正処理および減量・資源化の推進にご理解とご協力をお願いします。
 

関連リンク

●このページに掲載されている情報の問い合わせ

市川市 清掃部 循環型社会推進課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
家庭系ごみについて 電話:047-712-6317 FAX:047-712-6320
事業系ごみについて 電話:047-712-6318 FAX:047-712-6320
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで