ホーム > 事業者向け情報 > 税金 > 個人市県民税(特別徴収) > 特別徴収一斉指定について

特別徴収一斉指定について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年2月15日

平成28年度から個人住民税の特別徴収(給与天引き)を徹底します

 所得税の源泉徴収義務がある給与等の支払者には、法律の規定により個人住民税の特別徴収を実施する義務があります。
 本市では、千葉県及び県内市町村と足並みを揃え、個人住民税の特別徴収を徹底するため、平成28年度から、原則としてすべての給与支払者を特別徴収義務者に指定する取り組みを進めています。制度へのご理解・ご協力をお願いいたします。
 
○千葉県特別徴収の一斉指定について(千葉県ホームページ)

○特別徴収推進チラシ

 

特別徴収(給与天引き)とは

 事業主(給与支払者)の方が、所得税と同様に従業員に給与を支払う際、毎月の給与から住民税を天引きし、従業員に代わって毎月納入する制度です。
 この制度は、地方税法第321条の4により、原則として所得税の源泉徴収をする全ての事業主の方に実施が義務づけられています。
 このように特別徴収の実施を義務づけられた給与支払者を「特別徴収義務者」といいます。


特別徴収の対象となる方

 4月1日現在で在職し、前年中(1月1日〜12月31日)において給与の支払いを受けた従業員等(アルバイト・パート・役員等を含む)

※一定の理由に該当する場合は、普通徴収とすることができます。


普通徴収が認められるもの

 原則、給与所得者は特別徴収の対象になりますが、下記の(1)または(2)に該当する場合は普通徴収とすることが認められます。ただし、給与支払報告書の提出の際に「普通徴収切替理由書」を併せて提出していただく必要がございます。
 提出いただく従業員等の給与支払報告書(個人別明細書)の摘要欄に、普通徴収切替理由書の符号(普A〜普F)を記入するとともに、「普通徴収切替理由書」により普通徴収に該当する理由別の人数をまとめ、給与支払報告書(総括表・個人別明細書)と併せて提出してください。
 なお、「普通徴収切替理由書」の提出がない場合は特別徴収の対象となることがあります。

(1)普通徴収とすることができる事業所

  • 総受給者数が2名以下の事業所・・・ 【普A】
    (総受給者数とは、他市区町村を含む全給与受給者のうち、下記(2)
    の給与所得者の要件に該当する者を除く人数が2名以下となる事業所)
      

(2)普通徴収とすることができる給与所得者の要件  

  • 他の事業所で特別徴収されている方、又は乙欄該当者など・・・ 【普B】
  • 毎月の給与が少なく、個人住民税を特別徴収しきれない者・・・ 【普C】
    個人住民税が非課税である者を含む(市川市では、年間の支払金額100万円以下は非課税)
  • 給与の支払が不定期(例:給与の支払が毎月でない)・・・ 【普D】
  • 個人事業主から給与を支払われている事業専従者・・・【普E】
  • 退職者又は給与支払報告書を提出した年の5月31日までの退職予定者・・・【普F】


 ○普通徴収切替理由書
 ○普通徴収切替理由書記入例
 

市川市では、eLTAXでの給与支払報告書の提出を推進しています。

 eLTAXや光ディスク等により給与支払報告書を提出する事業所で、普通徴収と認められる該当者がいる場合は、給与支払報告書(個人別明細書)の《摘要欄》に、普通徴収切替理由書の符号(普A〜普F)を記入するとともに、必ず「普通徴収」欄のチェックボックスに入力をして提出してください。

※eLTAXで給与支払報告書を提出する場合は、普通徴収切替理由書の提出は不要です。
※eLTAX(地方税ポータルシステム)のサービスを利用するためには、所定の手続が必要になります。詳しくは、eLTAXのホームページをご覧ください。
 


納期の特例

 給与の支払いを受ける従業員の方が常時10人未満の事業所等の場合、市区町村長に「納期の特例に関する申請書」を提出して承認を受けることにより、6月分〜11月分を12月10日までに、12月分〜翌年5月分を翌年6月10日までの年2回に分けて納入することができます。
 なお、給与の支払を受ける従業員の方が10人以上になった場合は「納期の特例要件欠格届出書」の提出が必要です。
 
 ○市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例に関する申請書

 ○市民税・県民税 特別徴収税額の納期の特例要件欠格届出書

 

システム改修等による特別徴収実施困難について

 給与計算システム改修が間に合わない等により特別徴収実施が困難である場合、「給与システム改修による特別徴収実施困難届出書兼誓約書」を提出していただくことにより、1年間特別徴収の猶予が可能となります。

  ○給与システム改修による特別徴収実施困難届出書兼誓約書



特別徴収実施困難届出書兼誓約書

 システム改修以外の理由により、特別徴収を実施できない人的理由等がある場合、「特別徴収実施困難届出書兼誓約書」を提出していただくことにより、1年間特別徴収の猶予が可能となります。

 ○特別徴収実施困難届出書兼誓約書


様式のダウンロード

関連リンク

Get Adobe Reader

このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 財政部 市民税課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
 普通徴収担当 電話:047-712-8660 FAX:047-712-8744
 特別徴収担当 電話:047-712-8664 FAX:047-712-8744
 法人市民税担当 電話:047-712-8665 FAX:047-712-8744
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで