ホーム > 市政情報 > 市政の運営 > 統計資料 > 平成29年就業構造基本調査について

平成29年就業構造基本調査について

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年8月8日
平成29年就業構造基本調査
平成29年10月1日現在で「平成29年就業構造基本調査」を実施します。
9月上旬頃より、調査員証を携行した統計調査員が伺いますので、ご協力をお願いいたします。

就業構造基本調査とは

 就業構造基本調査は総務省が実施する基幹調査で、国民の就業・不就業の実態を調査し、全国及び地域別の就業構造を明らかにするものです。昭和31年から行なわれており、今回の調査は17回目にあたります。

調査の目的

 各種行政施策立案の基礎資料を得ることや、学術研究のための利用に資することなどを目的として実施します。
色々な就業者のイメージ

調査の対象

 市川市では、総務大臣が指定する66の調査区に、ふだんから居住している15歳以上の世帯員が対象です。

調査の方法

1. 9月上旬頃
  調査対象の地区について、調査員がお住まいにお伺いし、世帯の確認と調査に関するリーフレットをお配りします。

2. 9月下旬頃
  調査対象の地区にお住まいの世帯の中から、調査対象となった世帯にのみ調査票をお配りしますので、回答をお願いいたします。回答は、調査票に記入して回答する方法と、インターネットで回答する方法があります。

3. 10月1日以降
  調査対象となった世帯を調査員が再度お伺いいたします。なお、インターネットでの回答は、10月9日(月)まで行なうことができます。
調査員
カンタン!ネットで今すぐ!

調査の内容

・すべての人について
 男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など

・ふだん仕事をしている人について
 雇用契約期間、仕事内容、1週間あたりの就業時間、現職に就いた理由など

・ふだん仕事をしていない人について
 就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

関連リンク

 平成29年就業構造基本調査に関する詳しい情報は、以下のリンクから総務省統計局の「平成29年就業構造基本調査」のページをご覧下さい。

総務省統計局−平成29年就業構造基本調査のページ
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 総務部 総務課 統計グループ
〒272-0021
千葉県市川市八幡4丁目2番1号
電話:047-332-8746 FAX:047-332-8732
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで