ホーム > 暮らしの情報 > 防災 > 地震への備え > “自助・共助・公助” 〜いちかわの災害対策〜

“自助・共助・公助” 〜いちかわの災害対策〜

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2018年12月20日

災害とは

 災害とは、地震や風水害などの自然災害や、人為的な原因などによって、人命や社会生活に被害が生じる現象です。
 中でも、地震は予測ができず突然やってきて、わずかな時間で甚大な被害が生じることから、最も恐れられている災害です。 これらの災害から被害を最小限に押さえるため、日頃からあらゆる予防対策を講じることが重要です。
 市川市でも、災害時の基本計画となる市川市地域防災計画を策定し、様々な対策をとっています。
 

災害時には“自助・共助(互助)・公助”

 災害に関する話の中では、「自助・共助(互助)・公助」という言葉が頻繁に出てきます。いざ災害が発生したときには、この言葉の意味が非常に重要となってきます。 日頃から十分に理解し、それぞれの立場での防災対策を考えておくことが必要です。
 
自助
●自助
 「自助」とは、自分の命は自分で守るということです。
 災害はいつどこで起こるか分かりませんが、まずは自分の身は自分で守ることが一番重要です。
 普段から家族の中で災害について話し合うこともとても大切です。

共助
●共助(互助)
 「共助」とは、自分の安全が確保された後に、周りの方と助け合うということです。
 阪神・淡路大震災でも、一番多くの人命を救ったのは地域の住民でした。
 市川市でも、自主防災組織の結成推進・育成に努め、地域防災力の向上を目指しています。

公助
●公助
 「公助」とは、市役所や警察などによる公的な支援のことです。
 市役所では、地域防災計画に基づき、食糧や水などの生活物資の備蓄や資機材の整備、更には 民間事業者や他の市町村との協定など様々な対策を講じています。
 また、一時避難場所などを記載した「市川市減災マップ」も作成しています。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 危機管理室 地域防災課
〒272-0021
千葉県市川市八幡1丁目8番1号 消防局4階
電話:047-704-0065 FAX:047-336-8046