ホーム > 暮らしの情報 > 防災 > いちかわの建物焼失被害想定

いちかわの建物焼失被害想定

印刷する
更新日: 2013年5月27日

地震被害想定

≪建物焼失被害≫

阪神大震災での様子
 今回の地震被害想定では、市内全域で約15件の出火が予想され、東西線沿線などの建物密集地域での出火が予想されます。
 
 この焼失被害は、同色で塗られている地区内で出火した場合、消火活動が全く行われなければ、同色の範囲に燃え広がってしまうというものを表しています。
 
 この結果は北北西の風(市川市における年間風向で最も多いもの)6m(市川市における年間平均風速3mの倍の風速を想定)の想定で計算したものです。
 
 
 
※これは、消火活動が全く行われず、自然鎮火するまでに焼失する想定です。
 
●図の見方
 この図は焼失確率を表したものであり、同色に塗られている地区内での出火確率と同様です。同色で塗られている範囲は、その範囲内で出火し消化活動を全く行わなかった場合に、次々に燃え広がってしまう範囲を表しています。
(市域図中の実線は町丁目境)
建物焼失被害
※この想定結果は、一定の条件において計算された結果であり、実際に地震が発生した場合、必ずしも同様の結果になるとは限りません。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 危機管理室 危機管理課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8563 FAX:047-712-8762
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで