ホーム > 暮らしの情報 > 防災 > いちかわの人的(負傷者)被害想定

いちかわの人的(負傷者)被害想定

印刷する
更新日: 2013年5月27日

被害想定

≪人的被害(負傷者)≫

阪神大震災での様子
阪神・淡路大震災では、建物の倒壊による死傷者が非常に多く発生しています。

市川市でも、建物被害が多く発生すると予想される東西線沿線など、建物が密集している地域において多くの被害が予想されます。
 
<図の見方>
この図は人的被害(負傷者)の密度を表したものであり、「1ha当たり何人の負傷者が発生するか」というもの。また、この負傷者数は、建物倒壊や家具類の転倒などによる負傷者数であり、火災による負傷者は含んでいない。
 

(市域図中の実線は町丁目境)

人的被害(負傷者)
※この想定結果は、一定の条件において計算された結果であり、実際に地震が発生した場合、必ずしも同様の結果になるとは限りません。
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 危機管理室 危機管理課
〒272-8501
千葉県市川市南八幡2丁目20番2号
電話:047-712-8563 FAX:047-712-8762
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで