下水道の効用としくみ

印刷する(印刷表示用ウィンドウを開く)
更新日: 2017年3月16日

●下水道の役割としくみ

・下水道の役割
 下水道は、トイレから流れる汚水やキッチン、風呂、洗濯等の生活雑排水を下水道処理場へ送り、汚れた水をきれいにした後、公共の川や海へ排水する仕組みで、公共水域での水質汚濁を抑えることで環境保全の一翼を担っています。また、雨水については洪水を安全に公共水域へ排水し、水害を低減する役割を果たしています。

下水道のしくみ

●菅野終末処理場での処理のしくみと工程は、こちらをご覧ください。

下水処理のしくみ

下水処理の工程

●下水道の基礎知識(国土交通省のページ)へ

☆下水道と浄化槽とどうちがうの?

現在使用されている浄化槽の大半は、単独処理浄化槽で、トイレの汚水のみをきれいにする機能しかありません。

そのため、浄化槽法の改正により、平成13年から新たに設置する浄化槽は、全て汚水と生活雑排水を処理する合併処理浄化槽になっています。

合併処理浄化槽は、下水道と同様な処理能力がありますが、各家庭で維持管理を行なう必要があり、維持管理を怠ると悪臭発生の原因となります。

公共下水道に接続した場合には、下水道使用料が発生しますので、浄化槽の維持管理費と比較しても格段に安くなるわけではありませんが、汚水処理施設は市が維持管理を行なうため、各家庭での悪臭発生などの障害や維持管理の手間は軽減されます。

●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市 水と緑の部 河川・下水道管理課
〒272-0033
千葉県市川市市川南2丁目9番12号
 下水道施設グループ:電話047-712-6358 FAX:047-712-6360
 雨水施設グループ:電話047-712-6361 FAX:047-712-6360
 排水施設管理グループ:電話047-712-6354 FAX047-712-6355
 
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで