ちょっとシャレがきいたはなし

 

カピバラ命名募集が終わりました
 
2010年7月に行った、カピバラ命名募集。
暑い夏だったのにもかかわらず、たくさんの方々に投票していただきました。

結果はアインが第一位でした。

3000通以上あった投票用紙の中にはいろいろとメッセージが。
いくつかご紹介します。

多いのは、4.と記入してご自分で考えた名前を記載される方。
特に多かったのはペエーとロゼでペロという名前。

今回の名前候補はドイツ語、ギリシャ語、イタリア語の「1」でしたが、他にもタイ語とハングルで「1」を教えてくださった方も。

カトちゃん、ペーだから、アイン(志村けん)?
など、志村けんを思い出す…とギャグを連想される方も。

かわいいイラストが描かれた投票用紙もたくさんありました。

ということで、いろいろなメッセージありがとうございました。

 

 

レッサーパンダ命名募集を終えて
 
2008年9月24日から11月3日まで行われたレッサーパンダ命名募集には多くの来園者の皆様に参加していただきました。

天天×ナミの子、カツオ×シーンファの子、それぞれ5組の名前候補から1組ずつ選んでいただいた他に簡単なアンケートにもご記入いただきました。

どちらからいらっしゃいましたか?
のアンケートには、遠く、北海道、熊本県、福岡県、香川県からも!

そしてもっとも遠くは…パラグアイ!!

えっと…どこだっけ?って地図で調べてしまいました。
遠くからありがとうございます。
この方に当園の感想をお聞きしてみたかったです。

そして、アンケート以外にいろいろなメッセージをいただきました。

「いつも来ています!」「レッサーパンダかわいいですね!」といった激励メッセージ。

6番と書いて、自分で考えた名前を書いてくださった方(残念ながら無効票ですが…)。

かわいいイラストを添えて回答してくださった方などなど。

その中で極めつけは、それぞれの名前候補にダメだしをしてくださった方。
あまりにも面白かったので、この投票用紙だけ保存してあります。

ちょっと紹介を。

天天×ナミの子

アム、アミ→人間っぽい×
キラ、サラ→デスノートみたい×
ひなた、こかげ→どっちかがかわいそう×
カラン、コロン→○

カツオ×シーンファの子

あさひ、あかね→人間っぽい×
かいと、こなつ→人間っぽい×
レン、ルル→○
クール、ミント→愛がない×

 

なるほど…「愛がない」というコメントは笑いました。
そういわれると無いような気になってきます。

そんな皆さんのメッセージを読ませていただくのは楽しみでしたが、膨大な投票用紙を集計するのはかなり大変でした。
次回があるとしたらもうちょっと方法を考えようかなと思っています(笑)。

 

まったく世間というモノは…
パンダイラスト1 立つレッサーパンダがこんなにもブームになるとは…。

「風太くん」って今年の流行語大賞に
ノミネートされるんじゃないですかね。

さて…
まだ世の中が「レッサパンダは立つ」
って知らなかった時のこと。

何人かの女性がレッサーパンダ(カツオ君)の動物舎の前にいました。
担当者が姿を見せると、いつものようにカツオ君は、「お!来た来た」と、お立ち台の上でひょい〜と立ち上がりました。

それを見ていた女性たちは…

パンダイラスト2

きゃー、怖い、何あれ!?と、叫んで走り去ってしまいました。

パンダイラスト3

呆然とする飼育係と立ったままで状況が飲み込めないカツオ君…っていうか、エサしか見てないし。

怖いのかな?腹黒い着ぐるみみたいなレッサーパンダって。。
じゃ、今度からなるべく立たせないようにしようか、飼育係はそう思いました(笑)。

時が変わって…
今、カツオ君の動物舎の前にはカメラを構えた人の波が。

えぇ、えぇ、世の中なんて、そんなモノですよね、はい。

 

 

そんな(笑) イラスト1
酉年を目前にした冬、閉園間際のなかよし広場でのことです。
小学1年生ぐらいの男の子がヒヨコを抱いていました。

一緒に来たおじいちゃん、おばあちゃんは寒いし、日も暮れてきたし、早く帰りたそう。

でも男の子はヒヨコがずいぶんと気に入ったようで、「帰るよ」「早く戻して!」と急かされてもなかなか放しません。

しびれを切らしたおじいちゃんがとどめの一言!

早く戻さないとニワトリになっちゃうよ!

男の子はそんなことないだろって顔してましたが、しぶしぶとヒヨコを放して帰っていきました。

イラスト2

 

 

大きくなったら? サル舎にて−


子ども 
「大きくなったら、あれになる!!」

*解説*

と、指さしたのは、マンドリルでした。

本当にそれでいいの?って
心の中でつぶやいてしまいました(笑)。

マンドリルイラスト

 

子どもの質問 −家畜舎にて− ウマイラスト


子ども
『ウマとワニ、どっちが早いの?』

飼育係
『え、ウマとワニ…?
陸の上ならウマが早くて、水中なら…ワニかなァ』

*解説* 子どもの質問にはいつも誠実に答えます。

 

花粉症 −家畜舎にて−
ウマイラスト お父さんと子どもの会話

父 『ウマが春にかかる病気ってわかるか?』
子 『なに、なに?』
父 『馬糞症(ばふんしょう)…』

*解説*

ちなみに子どもは意味がわからず走り去っていきました。
ウマのかかる病気と言うので聞き耳をたてていましたが、不覚にもわらってしまいました。

 

ロバを見ながら −家畜舎にて− ロバイラスト
男性のつぶやき

『このロバ、ずいぶん年のとったメスだなぁ
ろーば(老婆)な〜んてネ』

*解説*

解説を加えるまでもありませんが…、時々このような会話を耳にします。

 

食べたい? −サル舎にて− リスザルイラスト

リスザル舎の前でお父さんと子どもの会話

子ども:『お父さん、あれ食べたい』

お父さん:『え?』

 

*解説*

リスザルがエサをたべているところを見ての会話でした。
朝、早い時間でしたので、もしかすると朝ゴハン抜きだったのでしょうか。人が見てもおいしそうなのですから、飼育係の腕もたいしたものです。
でも、ひょっとして…食べたかったのはエサじゃなくて、リスザルの方だったりして…。

戻る top