• 音声読み上げ
  • 文字を大きくする
  • 文字を元に戻す



開館15周年記念通常展「風景画家 東山魁夷の軌跡1)」

更新日: 2020年7月31日
展示内容
東山魁夷は東京美術学校(現・東京藝術大学)入学後、初めての夏休みに友人らと木曽川沿いにてテント旅を決行、この時の御嶽での体験は、後の画業に深く結びつくものとなりました。
過酷な戦争体験を経た戦後、≪残照≫[1947(昭和22)年]によって鮮烈な画壇復帰を果たし、風景画家として確たる地位を築いた魁夷は、皇居新宮殿壁画、唐招提寺御影堂障壁画など、名実ともに国民的日本画家として充実した画業を展開しました。
なかでも鑑真和上坐像(国宝)が安置される唐招提寺 御影堂の障壁には、和上の観望が叶わなかった日本の豊かな風土と、故郷中国の景勝を描き、和上の魂を弔うことに晩年を捧げました。開館15周年を記念しての通常展¨第1)期は二部構成にて、生涯をとおして遍歴の旅をつづけた東山魁夷の風景画家としての軌跡を辿ります。


展示資料はこちらをご覧下さい(展示目録 後期8月1日より)   (展示目録 前期7月26日まで)
開催期間
2020(令和2)年6月2日(火)から9月27日(日)

前期「東京美術学校から戦前のあゆみ」2020(令和2)年6月2日(火)から7月26日(日)
後期「戦時中から戦後のあゆみ」2020(令和2)年8月1日(土)から9月27日(日)

開館時間
午前10時から午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日
月曜日(祝休日にあたる場合は、直後の平日)
展示替え期間(7月27日から7月31日)
観覧料
一般 520円(420円)
65歳以上 410円
高大生 260円(210円)
中学生以下無料

※()内は25人以上の団体料金
※いちかわエコボカード(満点カード)1枚で1名が無料で入場できます。
※障がい者手帳等をお持ちの方と付き添いの方1名は、観覧料が無料になります。
※市川市文学ミュージアムの利用済みチケット、チーパス、千葉県外の子育て支援パスポート、
 および市川市の多世代ファミリーカードをご提示いただいた方は観覧料を2割引きします。
 なお、65歳以上のからはあらかじめ割引料金となっているため、絵はがきを差し上げます。
※割引の併用はできません。