ホーム > データベース > 地域情報 > ⇒市川ゆかりの著作家 幸田露伴

キーワードをサイト内で検索します

図書館公式フェイスブック
市川駅南口図書館
江南区電子図書館閲覧サービス
市川の文学データベース
メダン市寄贈等インドネシア語資料(検索結果が表示されます)

千葉県市川市公式ホームページ 市川シティネット
市川市の文化財トップページ

⇒市川ゆかりの著作家 幸田露伴

印刷する
更新日: 2018年12月5日

幸田露伴(1867-1947)

晩年の露伴スケッチ画像
 幸田露伴は、江戸文学や漢籍への造詣が深く、『五重塔』『評釈芭蕉七部集』などの著作がある。1937(昭和12)年第1回文化勲章受章。
 
 東京文京区小石川の蝸牛庵を東京大空襲によって失い、信州や伊東に疎開した後、下総中山近辺に住んでいた門下生の土橋利彦(塩谷賛)の世話で、娘の文、孫の玉子とともに菅野の白幡天神社の北西に位置する4丁目4番地に移り住んだのは、1946(昭和21)年1月28日のことであった。(永井荷風が市川に越してきた12日後のことである)
 
 市川に移り住んだ翌年、1947(昭和22)年3月には、大正末から手掛けてきた「芭蕉七部集評釈」をようやく完成させ、同年7月30日、80歳の生涯を閉じた。
市川に関連する文学者では、伊藤左千夫も同じ日に亡くなっている。
 
 荷風が、早くから露伴を敬愛していたことは知られており、戦後、同じ市川に住む作家同士ということで対談も企画されたが、実現しなかった。1947(昭和22)年8月の露伴の葬儀の折りに、荷風は門外にたたずみ、弔意を表したエピソードは有名である。

その作品は、パブリック・ドメインに

 著作権法51条2項にあるように、著作物の権利は、著作者の死後50年を経過するまでの間を著作権の保護期間といいます。50年を過ぎると、著作権が消滅することとなり、その創作物は、パブリックドメイン(著作権が発生していない状態)に帰すこととなります。
 
 幸田露伴の場合は、1947(昭和22)年7月30日に亡くなっていますので、その著作権は1998(平成10)年1月1日でなくなりました。2007年の没後60年も過ぎ、露伴の作品はいまや、インターネット上で読むことができたり、作品の複製や再配布等が自由にできるようになっています。


関連リンク

中央図書館
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 中央図書館
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター内
電話:047-320-3333(自動応答) 047-320-3346(直通)
市政へのご意見・ご提案は、市民の意見箱まで