ホーム > サービス案内 > 利用案内 > 市川市立図書館利用案内

所蔵資料を全項目で検索します

キーワードをサイト内で検索します

市川駅南口図書館
江南区電子図書館閲覧サービス
市川の文学データベース
メダン市寄贈等インドネシア語資料

千葉県市川市公式ホームページ 市川シティネット
市川市の文化財トップページ

市川市立図書館利用案内

印刷する
更新日: 2016年8月6日
利用ガイド・ロゴ

市内図書館一覧

図書館名 住所 電話番号 蔵書規模

中央図書館

鬼高1丁目1番4号 (生涯学習センター1階) 047-320-3333(自動応答)
047-320-3346(直通)
約70万冊
  自動車図書館 (車に本を載せて市内のステーションを巡回します) 3000冊収容
平田図書室 平田1丁目20番16号 047-321-2243 約4万冊
行徳図書館 末広1丁目1番31号 047-358-9011 約16万冊
市川駅南口図書館 市川南1丁目10番地1 号ザ タワーズ ウエスト3階 047-325-6241 約8万冊
信篤図書館 高谷1丁目8番1号 047-328-8831 約6万冊
南行徳図書館 相之川1丁目2番4号 047-357-4188 約4万冊

開館時間・休館日

  火曜から
金曜日まで
土曜と
日曜
祝日※ 休館日

中央
図書館

一般 10時〜19時30分 10時〜18時 ○毎週月曜日
(※祝日と重なるときは開館し、翌火曜日が休館)
○館内整理日(月曜日をのぞく毎月最後の平日)
○蔵書整理・点検期間
○年末年始(12月28日から1月4日まで)
こども 10時〜18時 10時〜17時
行徳図書館 10時〜19時30分 10時〜17時
市川駅南口
図書館
9時30分〜21時 9時30分〜18時
信篤図書館 9時30分〜17時 休館 ○上に同じ、但し国民の祝日も休館
(国民の休日が日曜日と重なるときは開館します。
月曜日と重なるときは翌火曜日も休館します。)
南行徳図書館
平田図書室
 
○自動車図書館は、巡回日程表を参照してください。

開館日については必ずカレンダで確認してください。

貸出・予約規則

資料名 所蔵館 貸出点数 貸出期間 予約点数

本・雑誌

全館 全館で20冊 5冊 2週間 1回3冊
CD 中央図書館
行徳図書館
全館で3点 不可 3点
ビデオ 中央図書館 全館で2点 不可 2点
DVD 中央図書館
市川駅南口図書館
全館で2点※ 不可 2点※

○網掛け部分は、隣接市(船橋市・松戸市・浦安市・鎌ヶ谷市・江戸川区)の市外利用者の場合です。
 


1.図書館を利用するには・・・

図書館利用券の画像
  • 本などを借りる時には、図書館利用券が必要です。
    ⇒図書館利用券機能付きの住基カードでも利用できます。(画像のように裏にバーコードが貼ってある住基カード)
  • 市民の方で、図書館利用券の登録申込みをする時には、住所・氏名を確認できるもの(健康保険証・免許証・学生証など)をご用意ください。
  • また、市外在住で市川市に在勤・在学の方は、その確認ができる社員証や学生証などもあわせてお持ちください。
  • 図書館利用券は、市川市の全図書館での共通利用券です。
  • 図書館利用券はご本人以外のご利用はできません。
  • 有効期限は3年です。更新時(1 ヶ月前から更新可能)には住所を確認できるものをお持ちください。

2.借りるには・・・(貸出)

  • 図書館利用券とお借りになる本・雑誌等をカウンターへお持ちください。
  • 貸出し期間は貸出日を含む15 日間です。
  • 貸出点数は、本(文芸カセットを含む)、雑誌あわせて20 冊まで。
  • 視聴覚資料(CD・ビデオ・DVD)は、中学生以上で市内在住・在勤・在学の方が借りられます。
    CDは3 点まで、ビデオ2 点まで。DVDは2 点まで(試行中)。 
  • 次に予約の方がいない場合は、貸出期間の延長ができます。詳しくは、ガイダンス6.「貸出状況確認と貸出延長のご案内」を参照してください。

3.返すには・・・(返却)

  • カウンターにお持ちください。図書館利用券は必要ありません。市内のどの図書館でも返すことができます。
  • 本・雑誌の返却には、返却ポストもご利用できます。返却ポストが設置されている場所は、ガイダンス2.「本の返却ポストのご案内」を参照してください。また、市民図書室・公民館図書室等でも返すことができます。詳しくは、ガイダンス3.「関連施設のご案内」を参照してください。
  • お借りになっている資料は、貸出期限内にお返しください。お返しが遅れると、予約や貸出ができなくなります。

4.資料を探すには・・・ (検索)

  • 図書館の蔵書は、インターネットで公開(Web-OPAC)していますので、ご自身のパソコンや携帯電話・スマートフォン等から、いつでも調べることができます。詳しくは、ガイダンス7.「資料検索ガイド」を参照してください。
  • 中央図書館と市川駅南口図書館では、館内にインターネット専用端末が設置してあり、国立国会図書館や県立図書館等の所蔵資料や新聞記事などのオンラインデータベースを調べることができます。詳しくは、ガイダンス9-1.「外部データベース利用ガイド」を参照してください。

関連リンク

5.見つからないときには・・・ (予約・リクエスト)

  • お探しの資料が書架に見当たらないときは、予約サービスをご利用ください。市川市在住・在勤・在学の方が対象となります。詳しくは、ガイダンス4-1.「予約サービス案内」を参照してください。
  • リクエストカードに記入のうえ、カウンターでお申込みください。本・雑誌は1日に3冊(全資料合わせて10点)までリクエストができます。
  • パスワードを登録すると、インターネットやスマートフォン、館内の検索用コンピュータ(OPAC)から所蔵している本・雑誌や視聴覚資料(CD・ビデオ・DVD)を調べて予約をすることができます。詳しくは、ガイダンス5-1.「パスワード登録のご案内」 、5-2.「メールアドレス登録のご案内」を参照してください。

関連リンク

6.調べ方がわからないときには・・・ (資料相談)

中央図書館のレファレンスカウンター
  • 日常の疑問、知りたい「人」や「事柄」について等、調べ方がわからない時には、お気軽にカウンターでご相談ください。詳しくは、ガイダンス10.「レファレンスサービスのご案内」を参照してください。

市内大学図書館と利用提携をしています

市川市と千葉商科大学、和洋女子大学は包括協定を締結しており、市立図書館と大学図書館の間でも利用提携をしています。
千葉商科大学付属図書館は、経営・経済学関係の専門資料が豊富であり、また和洋女子大学のメディアセンターでは、服飾や家政学関係の貴重な資料を有しています。

関連リンク

7.読書が困難な方には・・・ (障害者サービス)

障害者ルーム内の拡大読書機
  • 中央図書館では、一般の図書の形態(墨字資料)での読書が困難な方のために、点字図書や音訳(録音)図書 など様々な形態の資料をご用意しています。詳しくはカウンターでおたずねください。
  • 心身に障害があり図書館に来館が困難な方のために、代理人貸出や郵送サービス等も行っていますのでご相談ください。

関連リンク

8.コピーするには・・・ (文献複写)

中央図書館レファレンスカウンター横の複写機
  • 図書館では、著作権法第31条に基づいて、図書館で所蔵・管理している資料について複写サービスを行うためにコピー機を設置しています。詳しくは、ガイダンス8.「著作権と複写サービス」を参照してください。
  • 複写機は、中央図書館・行徳図書館・市川駅南口図書館で設置しており、複写は有料となります。

9.借りた資料を失くした場合は・・・ (弁償)

  • 図書館では、お借りになる時とお返しされた時に資料に汚損、破損がないかの点検を行っておりますが、お借りになった資料に破れ、落書き、欠落ページ等があった場合は、お手数ですがお返しの際にお知らせください。図書館で専用の用品を使用して修理しますので、そのままの状態でお持ちくださるようご協力をお願いします。
  • 資料を紛失、汚損、破損した場合は(同一資料を)弁償していただきます。資料を大切にお取り扱いくださるようご協力をお願いします。
  • 市民の皆様の貴重な財産である図書館の資料を、お互いに気持ちよくお使いいただけるよう、公共のマナーを守ってご利用ください。
Get Adobe Reader このサイトには、Adobe社Adobe Readerが必要なページがあります。お持ちでない方は左のGet Adobe Readerアイコンよりダウンロードをお願いいたします。
中央図書館
●このページに掲載されている情報の問い合わせ
市川市教育委員会 生涯学習部 中央図書館
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1丁目1番4号 生涯学習センター内
電話:047-320-3333(自動応答) 047-320-3346(直通)
このページについてのご意見・お問い合わせは、市民の意見箱まで